2013年3月31日日曜日

辛夷を思って



「ハロー。
そこにいるの?」

チャットがポップアップ。
久しぶりの南国からのメッセージ。

「ハロー。元気?」

「やあ、久しぶりだね。
元気にしているかい?仕事はどうした?
今日は暇にしているの?」

こちらが返事を返す時間もなく、矢継ぎ早に質問がくる。

暇。「free」、この言葉をこちらも使わせてもらう。
「Are u free ?」

「Yes.」

彼には、私の謂わんとすることが、果たしてどこまで分かっているのか。
もどかしい。

「ロバもいないの?」

そう問うと、笑いが返ってくる。
彼は、警備の人々や、周囲のうんざりする連中を、
親愛の情と一種の揶揄を込めてロバと呼んでいる。

「なんだって此の頃、ちっとも捕まらないんだい?」

「週末は忙しいのよ。」

そう返事をしながら、実は週末でも頻繁にメールをチェックしているし、
タイミングさえ合えば、
連絡をとれないこともないだろうと思われた。
彼こそ、忙しい身であるに違いない。

自分で自分の雇用を作ることになるかもしれない、と告げると、
いいね、俺がパートナーになるよ、
と言うので、
インタビューをさせてもらわなくっちゃ、と答える。
取り敢えずは、アシスタント、ということで。

「その必要はないだろう?
俺のことは、何でも知っているじゃないか。」

そんなことない。
「貴方のことで、全く知らない分野も、あると思うな。」
かなり含みを持たせて答える。

「じゃあ、歌でも歌わせてもらうよ。」

ほらね。
貴方だって、私のこと、知っているようで、知らないのよ、
そう思いつつ、返事を送る。

「例えば女性と一対一になった時、
どんな態度に出るのか、
テストしなくちゃ。」

「ゆっくりとお見せするよ。
楽しみにしていて。」

漸く、私の謂わんとするところが分かったらしい。

と、弾みがついたのか、、
4月の最初の週にシンガポールに講演をしに行く予定だと告げる。
君は、日本にその頃、行かないのかい、と。

4月。。。
4月4日は、どうしても抜けられない行事が入っている。

「ごめんね。4月4日は大切なカクテルの日なの。
シンガポールには行けない。」

返事がない。

頭をフル回転させる。

「名案があるわ!」

「なんだい、その名案って?」

「貴方が、フランスにくれば良いのよ。
私がチケットを買う。そして、それを送るわ。
そうすれば、貴方の上司や、国家に知られることはない。
貴方は、シンガポールに入り、最初のオープニングセレモニーだけ出て、
急いでパリ行きの飛行機に乗るの。
それから、4日後に、またシンガポールに戻り、
閉会式に出ればいいわ。」

「可愛いことを言うね。ありがとう。」

ロンドンにカンファレンスで来る予定はないの?
パリには?
シンガポールのカンファレンスは、いつも3月末?
この間は6月末じゃなかったっけ?

今度は、こちらが矢継ぎ早に尋ねる。

「絶対にいつか会いに行く、君の家のドアを叩くって言っているよね」
と返事が返ってくる。

そうして、
「また後ほど戻ってくるよ。今、大統領が基地に来ていて、会いに行かなきゃならないんだ。」

え?
大統領?

そうか。彼はやはり、私の知っているだけの彼ではない。

OK。元気で、またね。

百万乗のキスが返ってくる。

そんな遣り取りが三週間前。
明日はもう4月。
彼はシンガポールの地に行くのか。今年こそ、参加することができたのだろうか。

明朝にもSMSを送ろう。。。
冷たいながら春の空にすくっと立つ辛夷を思って。



どうぞご参照下さい(関連記事):


初恋の相手との再会
マンゴ カルナンデ
Life is busy and going on and on
ログアウト
逡巡
思わぬ展開



にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援いただけると嬉しいです
皆さんからのコメントを楽しみにしています



0 件のコメント: