2014年3月13日木曜日

思いがけぬメッセージ



いつもより早く春がやってきて、日中はすっかり初夏のような日差しになってしまい、慌てて木の芽が吹き、蕾が膨らみ、あちこちで一斉に花が咲き誇っている。

真っ黄色な連翹、純白の辛夷、兎のミミのような薄桃色の筋の入った木蓮、真っ白な梅、朱色の木瓜、紫のヒアシンス、くっきりとした水仙。

こんなに急いで春が来てしまったら、夏がそこまで来ているように思われ、気もそぞろ。ゆっくりと春を謳歌などと悠長なことは言っていられまい。

なんだか今の自分の心のあり様を写し取られたかのように思えてしまう。

そうして、ちょっと汗ばみながら朝の散歩をしつつ、いつもの雑草だらけの小道に入ったところで電撃に打たれた如くに立ち止ってしまう。

そうか。全ては父の采配だったのか。


バカンスでのお礼のメールをブラジル在住の父の友人夫婦にお送りしたところ、「こちらこそ ありがとう」と題した長いメールをいただく。

「お礼を言わなければいけないのは私たちかもしれません。主人の一番のお友達の貴方のお父さんも一緒に喜んでいると思います。」

のっけから度胆を抜かれる。「特に3人の子供たちと過ごせたこと、本当に感謝しています。子供達3人ともとても仲がよく、私達にもやさしく、いっしょにいるだけでとても幸せでした。」「貴方たち一家と、本当に楽しく、無事に過ごした時を大事な思い出にしまっておきます。来ていていただいて、本当にありがとう。」

日本語は話せるけど、書いたり読んだりすることは苦手、と仰っていた三世の奥様から。それから、Oさんからの文章が続く。

「僕が本当に嬉しかったのは、貴女の3人のお子様が全員、素直で、仲良く、気持ちのよい事です。見ているだけで私達の気持ちが安らぎ、あたたかくなりました。本当に、(父の名前)君にこの感じ、気持ちを届けたいです。旅行中、車の中で、貴女の横で子供達がにらめっこをして笑いあっている光景、本当に(父の名)に見せたかったです。大変失礼ですが、離婚されたと伺っていたので、お子さん達がどうかなと心配してましたが、あんなにすこやかに、成長され、安心し、感心しました。」

「又、成長期の子供がいる夫婦の離婚問題についても、子供のためにするべきでないと思っていましたが、これも考えを180度転向しました。子供のためにも、気持ちのあわない相手とは別れ、子供達と楽しい明るい家庭を作っていくべきですね。今後は誰かから、たずねられたら、貴女の例をだして、子供はちゃんと見ていて判るから、ちゃんと明るく育つと助言します。」

お二人は、私がここに勝手に掲載してしまうことを、きっと許してくれるであろう。
何故なら、こういった言葉が、実は、父からの言葉のように思えてならないからである。

父が、父の大学時代の友人を通して、私に語っているような気がしてしまう。

そもそも、親の大学時代の友人、しかも、遠いブラジルに住んでいる方のところに、何故、今、遊びに行くことになったのか。お二人にはお子さんがおらず、今回の突然の訪問に、大いに戸惑ったであろう。だから、ティーンの子供達が、思った以上に問題がなかったから、こんなメッセージをくださったのだろうか。こんなに手放しに褒めてくださるなんて。

実は、私自身は自分が離婚の身であることを負い目に思うことはあっても、子供達については一切心配をしたことがなかった。だから、改めて指摘されると、なんだか不思議な思いさえしてしまう。

そして、これまで、父が私のことをどう思っているかなどと想像したことなどなかった。
それが、今、父の存在を、強く感じる。

そうか。
この危うい時に、応援に来てくれたのか。メッセージを届けてくれたのか!
それなら、ちょっと、頑張らないと。

「君の思う通りにやってごらん。」

そんな声が聞こえた気がする。




にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています




4 件のコメント:

ニコ さんのコメント...

よかったね
ホント
よかったね

あったかいメッセージ頂いたね

みんな前向きに過ごしているから、お父様もエールを送ってくださってるんだと思う

^^

kookaburra さんのコメント...

ニコちゃん!

ありがとう。
ニコちゃんからのコメント、すっごく嬉しい。
今、ちょっと、いや、かなりへこんでいたので、すっごく嬉しい。ありがとう。
ぐっすん。熱きエール、嬉しく頂戴します!!!
^^

にこ さんのコメント...

大丈夫、だいじょうぶ

すべてはうまくいっているよ

私も、自分自身ふがいなさに落ち込むことが多いけど、前向きでいれば、何より、健康でいれば何とかなるみたい

今年のモットーは「笑顔で幸せを運ぼう」だよ ^^

kookaburra さんのコメント...

ニコちゃん、ありがとう。

テニスラケットを持って爽やかに笑っているニコちゃん。砂浜で綺麗に日焼けした肢体で優しく笑うニコちゃん。懐かしく思い出されました。

ニコちゃん、変わっていないね。そのポジティブさと優しさ。『何とかなるみたい』、その姿勢、悪くないなと思いました。→ すっごくいいよ! へへへ