2014年8月1日金曜日

8月のパリ



そうか、8月、パリの路上駐車は無料になる。
うっかり思いが及ばずに、既に一ヶ月分のカートナヴィーゴを買ってしまっていた。夏の期間に工事はつきもの。現在、パリに行くための電車が工事の為不通。この機会に、パリに入る手前の駅の近くに駐車場でも借りようかと調べていたところ。それなのに、慌てて一月分の定期券を買ってしまったのだから、最近やはり疲れが溜まっているのだろう。

路上駐車は無料なるも、どうやら100%ではないらしい。8割は無料。そりゃあ、シャンゼリゼ大通りともなれば、いつでも、路上駐車は無料とはいくまい。

かくして、8月1日の本日、車でパリに繰り出す。閑散としているとはいえ、早目に場所を確保せねばなるまい。7時前には家を出る。スムーズながら、バカンスのがらんとした状態とも言えず、北駅近くにもなると、そこそこに混んでいる。いや、余りに早くて、ゴミ収集車や路上清掃車がのんびりと回っていることも、思うように進まない要因か。

疑心暗鬼ながら、取り敢えず路上駐車のスペースを見つけ駐車。

そうして、ランチタイムに様子を見に行くと、一枚の紙切れがワイパーに挟まっている。ラッキーなことに、無料とはならない2割の駐車場に停めてしまったのか。紙切れを手に取ってみると、どうやら、後日罰金の通知が郵送されるらしい。やれやれ。一瞬、他の場所を捜そうかと思うも、既に罰金を科さるわけだし、ここで一日お世話になろうと腹が据わる。まさか、午後に二枚目の切符が切られまいか、との思いが過るも、まあ、その時は、その時、とばかりに、今一度紙切れをワイパーの下に挟める。

支払うべき駐車料金を払わずに申し訳ないとの思いより、なんだって損をしてしまったとの思いが強いから、たちが悪い。

夜になって、まさか二枚目の切符はあるまいな、と危ぶみ近寄ると、なんのことはない、お昼に見た通知も見当たらない。

さてさて。通行人のいたずらか。

それでも、罰金の通知がなくなった車を運転する心は軽く、いやはや、何と単純な、と我ながら笑ってしまう。

はてさて、来週はどうしよう。
せっかく購入したナヴィーゴで電車を使うことにしようか。。。




にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています





0 件のコメント: