2018年9月18日火曜日

意味のないことなど、ない








ハイジハウスで預けていたザックを受け取り、お礼にとコインを手渡すと、そんなの必要ないと受け取ってもらえなかった。それより、山頂は眺めが良かったでしょう、と声を掛けられる。ホスピタリティに胸が熱くなる。改めて丁寧にお礼を言って、ザックを勢いよく背負うと、駅までの道を急いだ。思った以上にハイジの村から駅までの道は距離があり、予定していた電車の時刻にぎりぎりであった。それを逃すと次は一時間待たねばらない。

慌てていたからか、気が付くと見慣れない葡萄畑が広がっている。大きな粒が見事に揃った房がたわわになっていた。ちょっと味見ができてしまう程の至近距離にある。うーむ。まずい。ちょっと違ったところで、全ての道はローマに通ず、ではあるが、電車の時間を考えれば最短距離を選びたかった。

ここを曲がった方が駅に近いに違いないわよ。

母の土地勘は素晴らしく当たる。海外だろうが、山の中だろうが、海だろうが。それでも、ほんの時々、あっけなく間違うこともある。今回は残念ながら遠回りだったよう。まずいぞ。電車が行ってしまう。初心者コースだったとは言え、3時間ばかり山を登り、下ってきたばかりである。そして今度はザックまで背負っている母を小走りにさせてしまっている。

遠くに電車が見え隠れする。已む無し。どうやらスイスの電車は田舎であっても時刻通りに動いているらしい。

一時間、次の電車を待つしかない。これでは、サンモリッツの到着時刻が遅くなってしまう。温泉施設に遊びに行くことも難しいだろう。サイトで急いで確認すると、健康的なスイスの温泉施設だからか、18時にはサービスが終了してしまうことが判明した。ハイジハウスで十分で、それから山登りをしなければ良かったのよ、と母が冷たく言い放つ。予定を変えるからこうなるのよ、と。

母がスイスの温泉施設を味わってみたいことは分かっていたし、既にバートラガッツは諦めてもらっていた。焦りに焦り、タクシーでサンモリッツまで行けないかUberサービスを見てみる。或いは、マイエンフェルトと田舎なので、ここからクールなどに一旦車で出て、そこから電車に乗ってはどうだろうか。お金が問題ではない。とにかく、いち早くサンモリッツに行かねば。

あらゆる手段を講じて、このミッションを遂行せねば。

ところが、金に糸目をつけようが、つけまいが変わらず、近間の大きめの都市に行ってもサンモリッツ行きの電車は、結局は遅い時間しなかなく、また、タクシーなどという代物はこの地には存在しないようだった。

母は諦めが早く、久しぶりの山歩きの疲れもあって、のんびりと電車を待つことになった。アナウンスも何もなく、なんの前触れもなく小さな駅には時刻通りにクール行きの電車が滑り込んだ。クールでの待ち時間が呆れる程長いので、そこで翌日乗る予定の氷河高速のチケットの支払い不足分を払ってしまおうと思っていた。その時には、クール駅でチケット売り場を利用したことが、その後どんなに助かることになるか知る由もなかった。

そう考えると、実に人生とはなるべくしてなるものだと思わずにはいられない。

そもそも、マイエンフェルトでハイジハウスだけで満足していたら、電車に乗り遅れることもなく、乗り継ぎも上手く、クールでの待ち時間もなく、サンモリッツに早々と着き、温泉施設に行って遊んでしまっていたら、翌日のクール駅での事件の際に、無経験で臨むことになり右往左往するところだったし、下手をすると、散々な旅となる可能性だって孕んでいた。

そうなると、当初購入予定であったトラベルパスからハーフフェアカードに変更したことで、氷河高速のチケットの半額を支払う必要に迫られ、クール駅でチケット売り場の窓口まで行ったことまで、伏線を持って感じられてしまう。

この世の中、意味のないことなど、ない、と思えてしまう。




クールからサンモリッツまで。実はその路線は翌日乗る氷河高速と同じであることは、乗ってみて初めて分かり、車窓の外を見ながら、こんなところタクシーを飛ばそうと、少しでも考えた自分の馬鹿さ加減に笑ってしまった。





トンネルを抜けると、そこは晴れ間が広がっていて、明るく輝いていた。サンモリッツ。その名の響き通り、太陽が燦燦と降り注いでいた。一日中歩き回った身体を優しく包み、労わってくれる、そんな余裕に満ちた街に、我々はすっかりと見も心も委ねてしまっていた。








にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています


2018年9月16日日曜日

霞にけむるハイジの村、マイエンフェルト






マイエンフェルトの街、いや、村は、拍子抜けする程閑散としていた。駅のロッカーにザックを預けようと思っていたので、プラットフォーム沿いにあるこじんまりとした建物に、母と入ろうとドアに向かったところ、プライベート、無暗に訪れるべからず、的なメッセージの張り紙が目に入る。おっと、無人駅か。

スーツケースは預けたものの、背中のザックには二日分の衣類やら化粧道具が入っている。ガイドブックも背負っている。ちょっと手にした母のザックは、恐らく私のものより重いと思えた。

駅前のカフェにでも預けるか、と思って通りに出て見るも、カフェなんてない。ちょっとしたアイスやら雑貨を売っている、いかにも観光客向けのキオスクが目に入ったので、しめたとばかりに声を掛けるが、驚いたことに英語が通じない。マイエンフェルトは、観光地化してしまったわけではないのか?ザックを示して、預かって欲しいと手ぶり身振りでお願いするが、迷惑そうに、大きな案内看板を示し、それを見ろと言う。道に迷っているわけではないのだけど、と思うが、ここは仕方ない。ドイツ語圏なので、フランス語など、猶更通じない。

こんな時、母の決断は早い。さっさと覚悟を決め、ザックを背負って歩いて行きましょう、となる。では、と気を取り直し、曇りがちの中、歩き始める。靄が掛かっている山が見え始める。葡萄畑を通り、村を一周するような道をたどり、ハイジハウスへ。そこまでは、母親に連れられた小さな女の子を見ただけで、道には我々のみ。不思議な感じがしていたが、このハイジハウスはアラブ系、インド系、そしてアジア系の家族連れの観光客でにぎわっていた。一体、彼らはどこから湧いて出てきたのか。












このハイジハウスでザックを預かってもらうことを思いつく。ここまで、距離的にはなかったものの、背中のザックはずしりと重く感じられ始めていた。


 






ここでも驚いたことに、ハイジハウスの裏手に回ってのコースを歩いて行く人は誰もいない。一瞬にして観光客の喧騒は消えてしまい、爽やかな山道が続く。と思ったのは最初のうち。じぐざぐとつづら折りが続き、かなりの急斜面もあり、久しぶりの山歩きでもあり、そろそろ山頂に着いて欲しいと思ってしまう。途中で木彫りの鷲、おじいさん、ハイジとピーター、クララの車椅子など、休憩するにはもってこいのオブジェや、景観があり、休み休み登る。そんな中、牛がのんびりと昼寝。いやいや、時間的には未だお昼前。





  






漸く辿り着いたハイジヒュッテでランチ。ハイジのイメージそっくりの少女が、お母さんと二人でサービスをしてくれる。夏の間のアルバイトだろうか。ここでもちっとも英語が通じない。取り敢えず頼んだソーセージ。恐らく自分では買わないだろうな、と思われる色合い。ボイルしてある一切れを口に入れると、ぱっと酸味が広がり、その酸っぱさ、そして塩辛さに驚いてしまう。マダムがおっと、忘れていましたとばかりに、市販のマヨネーズのチューブを持ってきてくれる。勧められるまま、びゅっと塗り、また一口食べてみると、驚く程味が落ち着いている。母にも慌てて勧める。飾られたオレンジの花は、庭で咲いていて、食べられるのよ、と教えられる。エディブルフラワーらしい。






その日、一体何人のトレッカーがここを訪れるのだろうか。我々の前にカップルがいて、我々の後に4人の家族連れが来ていた。その間、一人が休憩に立ち寄るが、何も注文せずに出て行ってしまっていた。本当に気儘な夏のバイトなのかもしれない。




さあ、そろそろ下りなくては。達成感に包まれ、久しぶりの山歩きの爽やかさに満足しながら、とんとんとんとリズミカルに下山。とんとんとん。。。










にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています


二日目の予定





傘を買った途端に晴れてしまうなんて。パパの悪戯ね。
そう嬉しそうに言う母。

肉体は消滅しても、なんて言うと生々し過ぎるが、いなくなってしまってからも存在感を保ち、時が経るにつれ、一層その存在感を大きくするって、すごいことだと素直に思ってしまう。

二日目は、バートラガッツで温泉に立ち寄り、『アルプスの少女ハイジ』の舞台、マイエンフェルトを歩き、その後サンモリッツに行き、そこで温泉を楽しむ。そんなてんこ盛りの予定であった。

フランスのガイドブックは、観光地化している点で、マイエンフェルトについてやや辛辣。折角晴れたのだから、そこまでマイエンフェルトに拘らず、ケーブルカーでピラトゥス山頂まで行き、所謂スイスっぽい、大パノラマを堪能しても、とは思ったが、母から一蹴されてしまっていた。

マイエンフェルトでは、2時間ちょっとの山道コースがあるらしい。往復で3時間か。これからのトレッキングを思えば、簡単な足慣らしをしておく好機とも思えた。ピラトゥス山への思いは、こうしていとも簡単に消え失せ、マインフェルトでの山歩きへと心の準備をする。

人生、こだわらないことが一番。楽しみはどこにでも転がっていて、そこでなければいけないという必然性はあってなきが如き。








夕方と夕食後の散歩でルツェルンの街を十分堪能したという満足感に浸りながら、朝の透明な空気溢れるルツェルン湖を見渡す。今回見逃してしまった、フランスのルイ16世一家を守って亡くなったスイス傭兵を称えて、デンマークの彫刻家の手で砂岩に彫り込まれている瀕死のライオン像は、次回の楽しみとしよう。


Zurichまで戻らずに、その手前のThalwil駅で乗り換え、Bad Ragaz駅まで行き、そこで更に乗り換えMaienfeld駅に行く予定とした。Bad Ragazでの温泉をリクエストしていた筈の母は、意外にあっさりと、朝から温泉に行くこともないと、案を引っ込めていた。LuzernとZurich、Bad RagazとMaienfeld。そして最終目的地のSaint Moritzの場所をスイスの地図で確認したことで、現実的な判断を下したのだろう。また、温泉はSaint Moritzで楽しめるとの思いもあったに違いない。






さあ本日もご先祖様、我々親子二人の自由気ままな旅をお守りください。




にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています


2018年9月15日土曜日

カペル橋






ルツェルンの駅に降り立ち、向こう岸にあるというホテルまで歩いて行こうと近代的な橋を渡り出した途端に空から大粒の雨が落ちてきた。その雨さえも心嬉しく感じてしまうのだから、旅の効果とはすごい。チューリッヒ駅でスーツケースを預けているので、荷物は肩のザックのみ。いかにもプロっぽいザックにレインカバーを取り付け、防水通気性に優れていると謳っているジャケットを早速着込む。にわか雨の中、皆が駆け回っている様子も活力に満ちていて、こちらまで嬉しくなってしまう。残念なことと言えば、写真。ルツェルン湖の向こうに真っ白な氷河を抱いた山脈が見えた時には、雨の降りしきる中暫し立ち止まってしまう。慌ててカメラ、もとい携帯を向けるが、ファインダーの向こうの景観は何かが違う。そんな思いも、悪くない。






しかし、橋を渡り切った頃には、呑気なことを言っていられない程の土砂降りとなってしまう。軒下で雨宿りとかこつが、雨は容赦なく降ってきて、遠くで雷さえ聞こえてくる。地図によれば、目的のホテルまで5分。あまりの雨量に、裸足になってしまう若い女性さえいる程。買ったばかりのトレッキングシューズは快適さを十分保っていたし、ちょっと高かったトレッキング用のジャケットも申し分ない活躍ぶりを発揮していた。それでも、いかに山歩きに慣れているとは言え、この雨の中、母を連れ回すことは憚れた。傘を持ってくれば、雨が降ることを予測しているようで、旅行の際には持ち物リストから外していたが、止むどころか、どんどんと雨脚が強くなっている様子に、一本ぐらいちょいと入れてくれば良かったと、後悔することしきり。

ホテルまで、もう少しの距離であることは分かっていた。ここは思い切ってホテルに着いてしまい、部屋でくつろいだ方が得策ではあるまいか。少しずつ軒下を変え、ホテルに向かう。


今回の旅で一番宿泊費を倹約したホテルだったが、濡れそぼったジャケットと靴で入っても気兼ねなく、大きなベッドはスプリングもしっかりとしていて快適だった。探検と称して一人雨の中をホテルの近くを歩いてみたが、雨はやみそうになく、見つけたレストランもスノッブで高そうに思えた。こんなひどい雨の中を歩くよりは、スーパーで簡単に夕食を買って、明日に備えてホテルの部屋でのんびりするのも一案ではあった。ルツェルンでは、ケーブルカーでピラトゥス山頂まで行き、連なるアルプスの山々と美しい湖、牧歌的な谷が目の前に大パノラマとして広がる景色を堪能したかった。この雨では難しいだろう。母は母で、ルツェルの街自体に思いがあるようだった。

部屋に戻り、状況を報告し、幾つか夕食の案を出す。先ずは近くのスーパーで傘を買って、近くにあるレストランを幾つか覗いて決めようとなった。雨は未だしょぼしょぼとなってはいたが、降り続けている。先程雨宿りした一つのスーパーで折りたたみ傘を2本、ゲット。母が支払ってくれる。スイスは物価が高いと聞いてはいたが、随分と高い値段に驚いてしまう。さあ、傘を使おうか、そう思って外に出ると、どうだろう。雨が止んでいるではないか!






足取りも軽く、せっかくだからと先程雨が降りしきって上手く写真が撮れなかったルツェル湖の畔まで行ってみる。それからは、導かれたかのように地図も見ずに街を歩く。ああ、これがカペル橋。屋根のついた橋は真っ赤なゼラニウムで縁取られている。街を流れるロイス川にかかっているが、向こう岸と最短距離でつなぐ橋としての機能が求められておらず、橋の途中の塔から、なんとものんびりと、それぞれ対岸まで一直線に伸びている。14世紀の建築とか。












ロイス川にかかる別の橋を歩いていると、賑やかな歓声に包まれる。母の興奮した様子に、慌てて周囲を見渡すと、青年が泳いでいる。どうやら、橋の欄干から一回転宙返りをしてダイブしたらしい。その一部始終を見ていたという母。ここからのカペル橋の撮影に気を取られてしまって、パフォーマンスを見逃してしまったが、嬉しそうな母にこちらまで嬉しくなってしまう。スイスといったら、チーズフォンデュかラクレットを食べないと、と呪文のように唱えている母のリクエストに従い、小洒落た河畔のレストランに入り、チーズフォンデュを注文。










レストランを出ると、ロイス川が夕日に輝き、周囲の建物を鏡のように写し取っていて、立ち竦んでしまう。























旧市街の中をさまよい歩き、城壁の塔の一つに上り、ルツェルンの街を俯瞰。ようやくヨーロッパの夏の夜の帳が下り始めた。














にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています

チューリッヒ駅



人間の記憶とは如何に曖昧なことだろう。

20代の頃までは自分の記憶に自信があった。いつのことだろう。ぽっかりと記憶に穴があることに気が付き愕然とした。細かいことを覚えていないのではなく、本当に、ある時代の記憶が抜けてしまっているのである。バッタ達との生活に夢中になって、記憶が抜け落ちてしまったのかと思った。

たとえば、パリで最後に住んでいたアパート。その間取りが思い出せない。特に、主寝室の場所、大きさ、雰囲気がちっとも記憶にない。キッチン、サロン、食堂、子供たちの部屋、お風呂場、トイレ、これはちゃんと覚えている。なぜだろう。末娘バッタに、長女バッタの風邪が移り、未だ赤ちゃんなのに咳をして、飲んだばかりのおっぱいを食堂の床にはき出してしまった瞬間。鮮やかに覚えている。おっぱいが足りているのか、心配な時期。ああ、こんなに飲んでいたのか、と変に安堵した思いまで覚えている。

チューリッヒ。その駅に降り立ち、プラットフォームを歩き出した瞬間、鮮やかに記憶が蘇った。前の会社で日本からのお客様をお連れして、スイスの企業訪問をした際、チューリッヒに電車で来ていた。あれはクリスマスの頃。駅の大きなホールはクリスマス一色に飾りつけられ、スタンドがひしめき合い、そこにはチョコレート、ビスケット、ワイン、ソーセージ、チーズ、ロウソク、オーナメント、あらゆるクリスマスグッズが並べられ、クリスマス特有の甘くスパイシーな香りの中、沢山の人々が行き交っていた。

あの時、出迎えてくれたチューリッヒオフィスのスタッフは今頃どうしているのだろう。中国人の彼女に振られた直前とかで、初めて会った私にアジアの香りを感じ、親近感を覚えたのか、老舗のカフェでチョコレートケーキをご馳走してくれながら、しきりに彼女の話をしては、既に思い出になってしまっていることを悲しんでいた。

日本のお客様は未だ30代前半ながら、過去の辛い経験から人間一般に非常に不信感を抱いていて、あの日は夕食の誘いを見事に断られ、近くのスーパーで簡単なサンドイッチを買ってホテルで食べた記憶が蘇った。お元気だろうか。

そんな思いも一瞬にして消え去り、現実に戻る。てきぱきと掲示板で荷物配送サービスをする窓口を探すはずが、ロッカーのある地下一階に下りたり、結局は人に聞いたりしたものの、うまく二日後のツェルマットのホテルまで送る手配が完了。その後、自動販売機でルツェルン行きのチケットを購入。今回、スイスでの交通機関を利用するにあたり、研究に研究を重ね、最終的に鉄道、バス、湖船、市内交通、山岳交通を50%割引の料金で購入できる半額カードを購入していた。拍子抜けする程安い額となる。なんだか、全てが上手くいっているではないか。そんな気がしてくる。

駅構内の天井から吊るされている金の翼が大きくカラフルな女神像がまぶしい。あの色使いはニキ・ド・サンファル。さあ、旅は始まったばかり。





にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています

2018年9月9日日曜日

旅の始まり








旅というのは常にハプニングがつきもの。

スイス山歩きの旅の起点、チューリッヒに向かうTGVはパリのリヨン駅発。我が家から小一時間かかるが、何せ8月のパリにはラッシュアワーは存在しない。そう高を括って予定時刻ぴったりにUberを呼ぶが、何といつもなら一瞬にして近所を走行している運転手が見つかるものの、待つこと数分。漸くコネクトされるが、車の到着予定は15分後と示される。こんなことなら、早朝から目覚めて準備万端だったのだから、早目に呼んでおけば良かったと後悔するが、焦らず、まあ、成り行き任せ、と荷物の最終チェックをする。

チューリッヒで荷物を預け、ツェルマットの駅までスイス国鉄の宅配システムを利用しようと考えていた。だから、二日分の着替えと雨具の入ったリュックと、セーターや運動靴の入った小さめのスーツケースを用意していた。トレッキングシューズは未だ足に馴染まず、踝のあたりが固く締められているように感じてしまう。紐の結びを調整していると、車が玄関の前に止まる。爽やかな挨拶をして母と乗り込み、さあ、リヨン駅までお願いしますね、と目的地を再確認。と、運転手の携帯画面が目に飛び込んでくる。到着予定時間と思しき時刻が大きく表示されている。

一瞬頭が蒼白になる。電車の出発時刻の10分後ではないか。慌てて、何かの間違いではないかと、運転手に確認。と、のんびりとした調子で私の理解が間違っていないことを教えられる。ちょっと待った!そんなはずはない。どこをどう通ればそんなに時間が掛かるのか。こちらの電車の時間を伝え、兎に角有料高速道路を使ってでも、スピード違反ギリギリであっても、何とか電車に間に合うように飛ばして欲しい旨、無理なお願いをする。

運転手は何とかしてみようと、高速に乗り込んだ。

この電車に乗り遅れることはできなかった。それでなくとも母は前日に日本から到着したばかりだからと、電車の出発時間を一本遅めにしている。早めに目的地、ルツェルンに着いて、のんびりする予定が狂ってしまう。いや、それよりもチューリッヒで荷物を預ける時刻が遅くなればツェルマットの駅への到着日が遅くなってしまう。

それでも、母の手前、そんなに焦っていない風を装い、心の中で何とか間に合って欲しいと念じていた。

そもそも、起点をチューリッヒにする必然性はなかったが、どのガイドブックも旅行記も皆チューリッヒを起点としていた。今考えれば、日本から直接飛行機でスイスに入る場合は、チューリッヒが手っ取り早いのであろう。母がネットサーフィンをして、様々な旅行記を読み、参考にし、モデルルートなるものを想定していることは知っていたし、私自身、同じようにネットで検索、検証し、スケジュール案を立てていた。

チューリッヒからハイジ村のマインフェルトで遊んで、クールに一泊する予定でホテルまで予約していたが、突然にして母がルツェルンよ、と言い出し、慌ててクールのホテルをキャンセルし、旅の一泊目はルツェルンに泊まることになっていた。どうやら、大いに気に入った旅行記の一つが、ルツェルンに泊っていて、魅力的に映ったらしい。

母にとって、このスイス旅行のハイライトの一つが氷河特急であり、その電車の乗車駅、サンモリッツに行くためには、チューリッヒからルツェルンに行ってしまうと、翌日ルツェルンからまたチューリッヒに戻ることになるのだが、どうやらそこまで旅行記には書いておらず、母も地図上、詳細に確認したわけではないようだった。それでなければ、よっぽどのことがない限り、同じ道を逆戻りするような路程を好んで組む母ではないことは、十分承知していた。

正直なところ、クールでもルツェルンでも、私にとっては未知の場所であり、それぞれに十分に魅力的な街に思えた。が、どうも観光客が多いことと、誰かの旅行記の足取りを辿ることに、なんとなく抵抗を感じたものの、母の期待にできるだけ沿いたかったし、そうすることで全てが円滑に進むのであれば、と、喜んで母の意見に従うことにしていた。

そうして、今回、多くの旅行記やガイドブックを参考に、それこそ多くの人の足取りを辿ることになったが、一歩一歩が自分自身にとってすべて新しいものであり、感動に満ち溢れたものであることに、日々気付かされた。

生前から全知全能を傾けて母を守っていた父。今では本当に全知全能を持っているのであろう父。その父が私と母の二人旅をにたにた笑いながら見守ってくれていたのだろう。そんなエピソードに溢れた旅となった。何回となく危ういところを我々二人は何とか切り抜け、無事に心底楽しい旅路を終えることが出来た。


不思議な力が働いたのか、運転手の技量が素晴らしかったのか、本当に8月のパリは閑散としていたからだったのか、我々は電車の出発予定時刻の10分前には駅に到着した。電車の機種が急遽変更になったから指定席の号車および番号は無効になったが、席は確保されているので、好きな場所を選ぶようにとの、誠に驚くメッセージをフランス国鉄から前日に貰っていたが、うまいことに適当な場所を確保することができ、安堵とこれからの旅への期待に心震えながら席に落ち着いた。

12日間に及ぶ旅は始まったばかりだった。チューリッヒ駅で、荷物を預ける場所がどこなのか、ルツェルン行きの切符をどこかで購入しなかればとの思いが過るが、先ずはのんびりとしよう。車窓には夏の陽射しに輝く平原が続いていた。




にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています