2017年3月5日日曜日

雲丹とラングスティーヌ


ちょっとしたつまらないことで、末娘バッタと喧嘩をしていた。
多感な15歳。
母親の言うことばかりも聞いていられない年頃。
だからと言って、そうですか、と引き下がる親でもない。

当然、がっちんこ、ぶつかり合う。

毎日の夕食は末娘バッタが担当してくれている。
いつもは遅く帰っても食卓に準備が出来ていて、温め直してくれたり、ちょこちょこっとお肉を焼いてくれたりと、かいがいしい。
私が夕食を終えるまで食卓に一緒に座って、ぺちゃくちゃと賑やかに一日の出来事を色々と話してくれる。

ところが、がちんこ、の日にはひっそり。
どこで息をしているのかも分からない程。

あまりに疲れていて、食後も別の仕事が待っている時には、
彼女の存在を確かめることなどせず、
一人寡黙に冷たい夕食を終える。

負のスパイラル。

お互いに手を伸ばすこともせず、
関係が冷え込む。


そんな時、会社で、生きて動いている雲丹とぴちぴちと元気な海老、ラングスティーヌをお土産にもらう。






大きな馬糞雲丹。カタカナでバフンとしないと、申し訳ない程立派な雲丹様。
棘がちらちらと動いている。







ラングスティーヌは立派な鋏を動かして襲い掛かってくる勢い。


転がるように家路を急ぐ。
途中メッセージを入れるが、息子バッタからのんびりと返事がくる。どうやら、もうご飯は食べてしまった様子。雲丹とラングスティーヌの写真を送って、とにかく白米を炊いておくようにお願いする。


大声で帰宅を告げるが、ひっそり閑。
息子バッタは、案の定一人ごろ太をしている。末娘バッタは何処?

サロンは真っ暗。食卓は圧力鍋にご飯が炊いてあるが、誰もいない。書斎にも人影はない。一階と二階のトイレを確認するが、誰もいない。

まさか。
ベッドで蒲団を被っている塊を発見。

おおっ!
雲丹とラングスティーヌを持って帰ったよ!どうした?具合が悪いの?疲れたの?寝てしまったの?

むっくりと起き上がり、何も言わずに抱きしめられる。
すっかりと大きくなった彼女に窒息しそうに抱きしめられると、こちらが子供の様に感じてしまう。

さあ、とにかく見てよ!すごいんだから。

こうして、寝ていた筈の末娘バッタは起き出し、二度目の夕食を母親と一緒に囲む。


雲丹さま、ラングスティーヌさま。感謝いたします。

バッタ達との貴重な時間。感動を分かち合う。
美味しい食材のありがたさをしみじみと思う。
もとい、
家族のありがたさをしみじみと思う。










にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています








2017年2月28日火曜日

夜のしじま








いつだって丁寧に、手抜きせずに生きてきた気がする。
常にベストの選択だと思って、
たとえそれが思い込みだとしても、その時点でのベストを選んできた。

振り返ってみて、何を構築してきたのだろうと唖然とする。

いや、人生とは何かを構築する過程ではないのかもしれない。
畢竟、死ぬときは、この世のものは何一つ持って行けない。


ただ、確かにここ3年は、考えることを恐れるかのように、考える時間がない程、時間に追われた生活をしてきてしまっている。

心の傷を癒すには必要な過程だったと認めざるをえまい。

漸く、立ち止まり、考える心の余裕が持てるようになったが、既に首までどっぷり浸かってしまい、時間に追いかけられる生活は変わっていない。


さて、どうするかな。

少しずつ形になっていく思いがある。
あとは、どの段階で覚悟し実行するか、か。

目を閉じて、夜のしじまに耳を傾ける。







にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています



2017年2月26日日曜日

リクエスト







末娘バッタがチリコンカーネが食べたいと言う。


彼女のふっくらとした唇から、そんなリクエストが出てしまうと、そんな準備もしていないのに、不思議なくらい全て材料が揃ってしまう。

キドニービーンズが一袋、食糧庫の奥に転がっていた。

先ずは圧力鍋で、乾燥させた庭の月桂樹の葉と一緒にキドニービーンズをしっかりと炊き込む。

ベーコンとニンニクをカリカリに炒め、玉ねぎのみじん切りをしんなりと黄金色になるぐらい炒める。

大きな中華鍋でゆっくりとゴトゴトと全ての材料を混ぜ煮込む。ドライトマト、トマトソース、ハーブ。思いつくものを入れて更に煮込む。


これまで全戦無敗の強豪チームに1対0で勝利し、好機嫌で帰宅した息子バッタが、鼻をひくひくとさせ、美味しそう!と大騒ぎ。


かわいい子等よ。

ほうれん草のサラダにたっぷりとチリコンカーネを掛ける。
ヘルシーなこと、この上なし。

二杯も大皿にお代わりをして、身動きがとれなくなった狼のような息子バッタ。
満足気に、こちらもどってんとしている末娘バッタ。

さあ、明日はそのかわいい唇から、どんなリクエストが出てくるだろう。







にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています



2017年2月25日土曜日

未だ答えの出ない問い掛け










こうして、また春が来てしまった。
クロッカスがぱっと鮮やかに咲き出し、水仙が黄緑色の細長い蕾を膨らませ始める。
暗いうちから鳥たちは囀り、すっかり枯れてしまったと思っていた木々の先から新芽が色付いている。


結論を出せずに、追い掛けられるかのように日々は過ぎていく。


シナリオ通りに人生はいかないし、シナリオ通りの人生なんてつまらない。

幸せとは自分の手でつかみ取り、自分の心で感じるもの。
そう信じているし、バッタ達にはそうやって教えてきた。


高校一年の時の留学先オーストラリアで、ホストファミリーの父、ジョンから、「Be happy!」と何度も言われ続けた。生意気にも、人生とはそんな単純な筈がない。辛いことがあって、それを克服してこそ幸せが待っている、なんて反抗したものだ。本当にあの時は分からなかった。努力、辛抱、といった概念が全くない世界なんてありえないと思った。

そう、確かに、そんな世界はありえない。捉え方の問題。そして、「Happy」であることは人間として最も大切な、いわば基本的人権。


今でもジョンは言ってくれる。何かあったらオーストラリアにおいでよ。好きなだけいればいい。仕事だって、きっと見つかるよ。子供たちに日本語を教えればいい。確か数学が得意だったよね。数学も教えられるじゃないか。なんでもできるよ。とにかくおいでよ。

そうジョンが言ってくれるから、他の地でも頑張っていける。


焦らずにゆっくりと答えを出そう。


クロッカスたちは、おしゃべりに夢中でちっとも相談に乗ってくれそうににない。













にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています








2017年2月19日日曜日

季節が巡って









そろそろ季節だろうか。
この時期を逃したら、また一年待たねばならない。急ぎ足になる。

逸る気持ちを抑えつけ、慎重に一つ一つ籠の中を確認。

香りがこちらまで伝わりそうな青々としたセロリ、泥のついた人参、形の違う不揃いのじゃがいも、瑞々しい生姜。

緑の小粒のライム、どこまで黄色いキュートな形のレモン。

どきん、と胸が大きく鳴る。

おっ!
濃い山吹色の、つんとしたとんがりがユニークな、レモンにしては丸く小さく、ライムにしては大きめの、ベルガモットレモンが山積みになっている。

思わず一つ手に取ると、独特の高貴な香りがぱっとあたりを舞う。

迷わずに紙袋に、黄金の粒を入れる。出会いは貴重。手にしたら戻さないことを信条としていることから、非常に慎重に気合いを入れて選び出す。

土曜はいつになく春の様な暖かな日となり、太陽が柔らかな日差しを投げかける車道をのんびりと進めば、助手席に置いた紙袋から幸せの香りが立ち込める。

一度もお会いしたことはないけれど、ラロシェルできっと今頃、ベルガモットを手にし、幸せな笑顔が溢れるキッチンを美味しい香りで満たしているであろう、密かに敬愛してやまない Fleur de sel さんのことを思う。お元気かしら。



さあ、先ず何を作ろうか。


リラックス効果があるという、幸せな思いに浸れるベルガモットの香りで、マドレーヌを焼こう。

ロッテルダムの長女バッタに食べさせてあげたい。

最近、更に昇進し、忙しさが一層増したマンゴの木が生い茂る彼の地で奮闘する彼にも持って行ってあげたい。

早く会いたい、という「早く」という形容詞は、実は曲者で、時間軸の捉え方は人によって違うし、時に、希望を表現するだけで、実現に結びつくわけでは決してないということを教えてくれた友人のことも、思う。雪深い彼の地で元気にしているだろうか。ベルガモットの爽やかな香りを届けたい。

とにかく忙しくしている者同士、相手を思いやる余裕などなく、このところすれ違いが多く、声掛け合うことさえ少なくなってしまっている大切な友人のことを思う。バターの豊かな香りとベルガモットの格調高い香りが、優しく心を包み、やわらかな笑みが顔中に広がるに違いない。

こんなに美味しいマドレーヌは初めて、と恥ずかしそうに告げてくれた長女バッタの友達のことも思う。レモンが入っているのですね!と嬉しそうにしていた。ベルガモットの香りも味わって欲しい。








春の日は限りなく優しく、ベルガモットの香りはますます穏やか。








にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています







2017年2月14日火曜日

大豆を煎る










どこにでもありそうなのに、ないものって、少なくない。
たとえば、コーンスープ。

バッタ達が大好きなコーンスープ。日本ではクノールの美味しい粉末のインスタントがスーパーならどこにでも売っているのに、フランスにはない。そもそも、トウモロコシとは、家畜の餌。

だから、夏に茹でると美味しいトウモロコシもマルシェにはない。

最近、八百屋で見かけるようにはなったが、一般的ではない。



そして、大豆。

あれだけ身体に良いとメディアでももてはやされているのに、大豆そのものが売っていない。大豆ミルクもとい豆乳はロングライフものが販売されている程度。

新鮮な手作り豆乳を、なんて日本の母が張り切って作ってくれようとしても、大豆がスーパーにも八百屋にも、自然食料品店にもないのだから困ってしまう。納豆を作っている方がいるので、恐らくどこかでは手に入るのだろう。日本食料品店だろうか。一般的ではないことは確か。

それがどうしたことだろう。
ロッテルダムの長女バッタが良く行くスーパーチェーンに大きな大豆の袋を発見する。
丁度豆まきの時期。迷わずに買い物かごに入れる。

長女バッタがこちらを見て、笑っている。

ふと、手が止まる。

そうか。この子の口には入らないのか。

大きな袋に大量に大豆が入っているので、少し彼女に残して行こうか。
大豆はオーブンかフライパンで煎れば香ばしい美味しい豆がすぐにできる。
簡単だよ、と教えてあげても、さて、彼女は作るだろうか。

なんだか切なくなる。

「ママ、フランスにはないんだから、全部持って行ってよ。私はここで買えばいいんだもの。」

そう長女バッタは言う。


そうしてロッテルダムから持ってきた大豆。
水に浸してふやかしてから、オーブンで煎る。
しばらくすると、キッチンが何とも言えない香ばしさに満ち溢れる。

かりりと齧れば、控えめな甘さが口いっぱいに広がる。

食べさせてあげたいな。

彼女も、いつか大豆をオーブンで煎りながら、幼い時の豆まきに思いを馳せることもあるだろうか。

さあ福茶を頂こう。










にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています


2017年2月12日日曜日

願い









寮の屋上から見える夜景。
そして、部屋から見える外の景色。







大学の学部棟の入り口にあるロッテルダムの地図。







そしてキャンパスの池で泳ぐ白鳥。





いつか、彼女が白鳥となって飛び立つ日が来るのか。





初心忘るべからず

臥薪嘗胆




どうか、自然よ、大地よ、ロッテルダムの空よ、
我が娘を守り給え。

月よ、
一人の夜を青白く照らし、優しく包み込み給え。

太陽よ、
緑の黒髪に燦燦と降り注ぎ、力強く抱擁し給え。







にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています