2017年12月26日火曜日

今年最後のコンサート





ママ、コンサートに来なくてもいいんだよ。

末娘バッタの言葉をうまく咀嚼できずにいた。

2年前に長女バッタが高校を卒業と同時にバイオリンのクラスから抜け、今年は息子バッタが抜けていた。一人となった末娘バッタは友人と一緒にレッスンに通うことになり、これまで家族の行事の一つであった週一回のバイオリンレッスンは、私のスケジュール表からなくなっていた。

それでも、コンサートには当然参加するつもりでいた矢先のこと。

息子バッタをプレパに迎えに行く日と重なっていたが、それでも、彼を待たせるか、或いは彼には他の友人と一緒に帰ってもらえばいいだけのこと。

これまで、パリの父親が息子バッタの送迎を優先したため、彼女が何回か夕方パリから我が家まで電車に乗って一人で帰らねばならなかったり、私が迎えに行ったりしたことがあったからだろうか。

16歳。世間ではスウィートシクスティーンと言うものの、多感な時期。

餅は餅屋、との思いから、フランス語の論文は父親に見てもらうようにと言っている。長女バッタも、最初こそ父親を煙たがっていたようだが、いつの頃からか、ちゃんと尊敬をし、うまく父親のアドバイスをもらい、フランス語の指導を受けるようになり、それが進路相談に発展し、親子関係は非常にスムーズにいったように思う。だからといって、父親の言う通りには決してせずに、自分の良かれと思う道を進んだところが、彼女らしいと言えば、彼女らしい。それでも、父親との関係は非常に改善し、ひょっとしたら、母親の私より密に連絡を取っているかもしれない。恐らくは、父親が連絡をするから、それに応える、といったことなのだろうが、それでも、である。

息子バッタにしろ、数年前までは、本当に父親に反発し、困った時期があったが、彼もちゃんと父親と折り合いをつけ、うまく良好な関係を保っている。

だから、今は反発している末娘バッタだが、いつの日かは、と、ずっと思っていた。

ところが、当の本人はそうは思っていない。その様子が最近は顕著である。今年は、フランス語のバカロレアの試験があるのだから、それこそ、父親の出番であろう。しかし、父親のアドバイスなど、お願いしたくないと突っぱねている。

末っ子は甘えっ子、という構図が我が家では成り立っていない。

しかし、来なくていいい、と言われながらも、行く、なんて真似はしたくない。そうですか。では、参りません、と、こちらも突っぱねる。

父親と娘の関係は複雑。私自身高校の時、なんて可愛くない娘をしてしまったか。後悔しても始まらないが、あの時は、と幾つかのシーンが鮮明に思い出され、胸抉られる思いがする。いやいや、高校の時とは別に、幼い頃に父親 に対して遠慮していた自分を思い出す。私はずっと父親は、双子の妹の方を可愛がっていると思っていたし、恐らくそうだったのだろうと思う。それが悲しいとはならずに、それを事実として淡々と受け止めていたように思う。

それでも、父は私を愛してくれた。親子の愛、いや、人間の愛は色んな形があっていい。

そんな話を今の末娘バッタにしても、彼女の心には通じまいか。しっかりと抱きしめて、震える彼女の心を温めて安心させてあげたい。

どんな風に話を持って行ったのか、今では覚えていない。息子バッタには、友人の車に乗せてもらうようにお願いしたことを告げ、コンサートに持って行くケーキの相談をし、コンサートの衣装を一緒にチェックし、大騒ぎでケーキを一緒に作って、車に乗り、会場に向かった。

会場は夕日に赤く染まっていた。
母親の贔屓目であったとしても、末娘バッタは凛として清楚であり、かつ、華があった。

彼女の前途に幸多からんことを。










にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています





2017年12月25日月曜日

偉大なる自然


思わず長引いてしまった会議を終え、午後に控えている末娘バッタのバイオリン・コンサートに持って行くケーキのレシピを考えながら、慌てて駆け込んだ玄関の前で目を見張る。

まさか!

朝、家を出る時はいつも真っ暗闇だし、帰宅時も然り。土日は日が出てるといっても、このところ雨続きだったのか。とにかく、今まで一度も気が付かなった。

我が家のオリーブの木に実が二つほどなっているではないか!





あれは、末娘バッタが未だ11歳の頃。彼女がお世話になった方にお礼をと、会社の近くのお店に行って一目ぼれしたオリーブの木。気が付くと二鉢購入してしまい、一つは勿論贈り物として差し上げたが、一つは我が家の玄関に置くことになった。今では、すっかり我が家の玄関になくてはならないものとなっていた。

それでも、バッタ達が鍵を忘れた時の隠し場所として何度か使った枝葉も、最近は枝が細くなり、生い茂ったというよりは、やや閑散とした風情で、いつか鉢を大きくしてあげたいと思い始めていた矢先のこと。

なんと!

お腹の底からエネルギーが湧き出てくる。
太陽の恵み、自然の偉大さに、とにかく平伏す。






にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています

2017年12月10日日曜日

止みそうにない風






俺たちって、深く考えずに子供を授かったけど、本当に子供達のためにと色々してきたよね。

心地よいエンジン音と共に、オリビエの言葉が耳に入る。

彼はフランス留学時代からの大切な友人の一人。初めて会った時には日本語で話しかけてしまった大陸生まれで香港出身の、身のこなしが何と言っても優雅で、それでいて自己主張をしっかりとし、頼もしい女友達の連れ合いでもある。彼らはアメリカの大学で知り合い、翌年、交換留学生だった彼がフランスの大学に戻るのと同時に、彼女も同じフランスの大学に留学を果たしていた。そして、その年、偶然にも私も彼らと一緒のキャンパスで学ぶことになっていて、二年間、一緒に学んでいる。実際には彼の方が一年上のクラスで、先に卒業していたが、もう何年も前の話ともなると、些細なことには拘らなくなってしまう。

不思議なことに、最初から馬が合った。バッタ達の父親と4人で、良くつるんで遊び回ったものだった。二人がシンガポール、そして北京に駐在になった時も、連絡を取り合い、私たちの結婚式には北京から駆けつけてくれた。彼らの方が先に子供が授かり、パリに戻って再会を喜んだ頃には、我が家にも長女バッタが誕生していた。彼女の当時のオフィスの近くで、ランチをした春の初め、第二子を授かったらしいと告げると、その足で彼女も薬局に行き、午後には電話で彼女も第二子を授かったとの報告を受けた時には笑ってしまった。息子バッタが予定より早く11月に生まれると、彼女のところには翌年の1月に息子が誕生した。

子供達の年齢もあまり変わらないこともあり、バカンスには良く一緒に出掛けて行った。南仏では毎晩トランプをし、負けたものがベビーシッター役で家に残り、勝ったものが夜遊びに出る、なんてことをしたものだった。週末もピクニック、プール、散歩、色んなことを一緒に楽しんだ。

彼らは暫くすると上海に駐在のため旅立ってしまう。ノルマンディーで夏の間一緒に家を借り、好きなだけミラベルを食べた子供達。ノルマンディーの家からパリまで、ずっと泣き続けた思い出。

そうこうしているうちに、私たちのもとからバッタ達の父親が去ってしまう。

オリビエは父親が幼い時に家から出てしまっていて、母親に育てられていることから、家族への思いが強かった。父親への憧れ、そして、恐らく怒り、和解、色んなことを経験しているだろう彼に、何度となく国際電話を掛けては相談した。

彼らは、あれ程子煩悩なバッタ達の父親が家を出るとは信じられない、と言っていた。家を出たのは、子供から離れるためではなく、別の人と一緒の人生を送るためであり、子供とは全く別の問題であったということは、当時彼らは良く分かっていなかったし、私自身、ちゃんと分析し理解してはいなかった。しかし、これは子供にとっては非常に重要なことであり、私自身も含め、バッタ達も、周囲の人々も、子供達が大きくなるにつれ十分良く理解していったことでもある。今でこそ、子供にとって良かったと言えるものの、このことに私は随分と苦しめられた。

話を元に戻そう。友人一家は上海からフランスに戻り、子供たちはバッタ達と同じ学校に通うことになる。

夏はバーベキュー、冬はフォンデュ。ノエル、新年、中国の新年、中秋節、などなど、週末には頻繁に集まって、5人の子供達と一緒に、賑やかに過ごしたものだった。そうして、気が付くと3人が既に高校を卒業。友人一家の長男が、今年は卒業の年に当たる。そして翌年には末娘バッタが控えている。

大人3人だけの夕食になることも、このところ少なくない。そんな時は、子供たちが巣立ってからの人生が何かと話題になる。

冒頭の言葉は、車のエンジンの調子が悪いからガラージに預けているので車がない私を、三人でラクレットを堪能した夜に、車で2分もかからないよと、送ってくれた道中でのこと。

彼ら二人の間にも、険悪な時期もあったし、これまで山あり谷ありの人生であったことは良く知っている。それでも、今また二人一緒に、子供たちが巣立っていった後の人生をどう過ごそうかと相談している。友人として本当に嬉しいし、そして、羨ましくもある。

そんな彼からの言葉。「俺たちって、深く考えずに子供を授かったけど、本当に子供達のためにと色々してきたよね。」

彼らの長女はイギリスで建築を学んでいて、この夏はミュンヘンの建築事務所で研修をしていた。長女バッタは北京大学での留学を経て、今はロッテルダムで経済を学んでいる。息子バッタはフランスでエンジニアの大学に進学すべく、全寮制のプレパで毎日研鑽している。彼らの長男は、クラッシックギタリストを目指していて、イギリスの音楽学校に進学したいと、オーディションを受けている。恐らく来年の今ごろはイギリスに渡っているだろう。その頃には末娘バッタも、彼女のひそやかに温めている目標を我々にも公開していることだろう。

「後悔するんだよね。私たちは本当に子供の為を考えてきたかって。子供のことを思えば、離婚なんてしなかったよね。」

ふと本音が漏れる。
きっとこれまで、誰にも言ってこなかったと思う。後悔なんて言いたくなかった。自分の人生を否定することは言いたくないし、生き続けるためにも、言えなかった。

私の言葉にびっくりしたのか、慌てたようにオリビエが告げる。
私のせいじゃない、と。

彼だけのせいでもない。二人の関係は、私にも大いに責任がある。彼の心を繋ぎとめる努力をしなかった結果とも言えるのだから。

我が家の前に車を停めると、ルームランプを点けて、オリビエが慰めるように、優しく微笑む。

あちこちに散らばっている子供たちが戻ってくる、それがノエル。この冬もロッテルダムから長女バッタが戻り、全寮制のプレパから息子バッタが戻る。漸く会える二人。そして、末娘バッタと三人が揃って、バッタ軍団が一堂に会す。

今年は一週間の休みを取っている。彼らと一緒の時間を過ごすことをどんなに待ち焦がれていただろう。軍団が揃わないと意味がない。彼らの笑い。クリスマスツリーも、車がないからと無理を言ってオリビエに手伝ってもらい、我が家のサロンに取り付けてある。

バッタ達の父親にも、そのことは告げてあった。バカンスの初めの一週間は、私の週。本当は日本にバッタ達を連れて行きたかったが、翌週勉強をしなければならない息子バッタの負担になるからと、バッタ達の父親に指摘を受け、それならとフランスに留まることにしていた。

それが、バッタ達の祖父、パピーがボルドーからパリに遊びに来るので、二日毎にバッタ達を一人パリに来させて欲しいと言われてしまう。一週間あるから、丁度二日毎で6日。

ちょっと待って。三人が私と一緒に一堂に会する日がなくなってしまうではないか。

80歳を超えたパピー。どんなに孫に会いたがっているか。大勢ではなく、一人一人との時間がパピーには必要なんだ。

どうやらパピーは、バカンスの前の週からパリに来て、バカンスの第一週の終わりまで、二週間過ごすらしい。

なぜ、私の週に。

そんな言葉を飲み込む。

もしかしたら、私の人生もいつ終わるか分からないではないか。

そんな言葉も飲み込む。

離婚していなかったら、いつまででもパピーを我が家に迎え入れ、バッタ達三人が一堂に会した場で楽しく過ごせたのではないか。時々寮から戻ってくる息子バッタとも、毎回会えるはずだったではないか。

これから、毎年、バッタ達が我が家に羽を休めに戻ってくる時、独り占めはできずに、パパと分かち合っていかねばならないのか。

オリビエに言った言葉は、実は本音のようであって、真実ではない。

後悔するんだよね。私たちは本当に子供の為を考えてきたかって。子どものことを思えば、離婚なんてしなかったよね。いや、自分のことを思えば、離婚なんてしなかったよね。

子を思う自分のことを思えば、離婚なんてしなかった。

昨夜の雨で積もった雪はすっかり解け、外では風が枯れ木をなぎ倒すかの様に荒れている。

風は止みそうにない。





にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています


2017年12月9日土曜日

アボガドの実








急に大人びてしまった末娘バッタ。いや、随分前から彼女はしっかりと16歳の青春を謳歌していて、私だけが末っ子のべべとの思いが抜け切れていなかったのか。

先日も、確か期末試験があって大変だと言っていたことを思い出し、イベント続きで夜もまともに話ができない日が多かったので、夜遅い電車の中でメッセージを送る。

どうだった?

返事は、アボガドがスパッと真ん中から切られていて、丸い種が見えるイラスト。
ふむ。これはどういうことだろう。

ちょっと前までは、上手くできた、とか、難しかった、といった返事が返って来たのに。

そんなこと聞かれても分からない、という意味であることを後で教えてもらった。
なるほどね。アボガドは話はできないものね。何故アボガドなのか、は、大した意味もないのだろう。でも、レモンでもオレンジでもイチゴでもなく、アボガドってところが、なんとなく彼女らしくて微笑んでしまう。

夕飯だけは準備をしてくれているが、余り遅いと先に食べていて、さっさと一人で寝てしまう。「お休みなさい」と声を掛けられる時もあるが、時々、気が付いたらもう寝てしまっていることもある。

ママべったりだった日々が嘘のよう。

そうかと思うと、先日は真夜中にバタンとドアを開け部屋に入り、今日はママと寝る、とベッドに入り込まれた。一体どうしたのだろう。怖い夢でも見たのか。今読んでいる本が恐かったのか。単に寒かったのか。心配しようにも、隣ですぐに寝息を立て始めてしまった。そうして、翌日にはそんなことはなかったかのように、けろっとしている。

最近はパパとの関係がしっくりしていない。上のバッタ達もこの時期は本当にパパとの関係が良くなかった。不思議なことに、皆同じようにパパに反抗してきた。そして、不思議なことに、それぞれちゃんと折り合いをつけ、今に至っている。だから、きっといつかはパパとのことも、彼女なりに解決するんだろうな、と思っている。

そして、いつか本当に飛び立っていくんだろう。




にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています




2017年11月12日日曜日

16歳になった貴女に







最近頓に逞しくなってきたね。
ママは全く翻弄されてしまっているよ。一端にママのことを厳しく批判するようになったことには、驚いている。この間も大喧嘩に発展しちゃったけれど、原因を思うとママの方が赤面してしまう。

夜の仕事がない金曜と、土曜だけが、ママがアルコールを楽しめる唯一の時間。楽しむといっても、嗜む程度。あの時も、グラスにソルティードッグをちょっと作って、レモンの香りを楽しんでいた。

するとどうだろう。グラスをやおらつかみ、「何これ?何を飲んでいるの?」と、まるでアル中摘発者の勢い。かっとなったママは、グラスを貴女に叩きつけようとする自分の気持ちを抑えることに必死だった。

一度だってママは君たちの前で酔っ払って寝てしまったこともないし、醜態を晒したこともない。泣き上戸になることもない。ちょっと笑い声が大きくなるぐらいじゃないかと思っている。日曜の夜から木曜の夜まで、就寝するまでPCに向かっていることのストレス。それから解放される金曜の夜と土曜の夜。この貴重な二晩だけの、ちょっとしたママの楽しみなのだけど。

なぜだろう。長女バッタもママがビールやワインを飲むことをすごく嫌っていた。幼い子供たちは当然飲まないアルコールをママが一人で飲むことに、嫌悪感を感じたのだろうか。息子バッタに至っては、彼自身がアルコールを一切口にしない。香りを楽しもうなんて好奇心もこれっぽっちも持っていない。ママが煙草を触ることさえ嫌がるように、ボトルを手にすることもしない。どこで、どう刷り込まれたのか。

ママ、お酒は飲んでもいいけれど、一人じゃだめだよ。そんな時は友達を呼んで、皆と飲むようにすればいいよ。

そう貴女は言ったね。

でもね。一人で飲みたい時もある。静かに。これで一週間が無事に終わった、と思う瞬間の一杯なんだよね。それを君たちに分かって欲しいと思うことは、未だ早いのかもしれない。

ママに対してと同じように、学校では教師に対して、そして、パパに対しても手厳しいね。全く頼もしくなってしまう。

パパが仕事上での戦略を披露すれば、自分に自信を持っている人のみが実施できる戦略ね、と、嫌味っぽく一言。パパがにんまりと、自分に自信を持つことは、悪いことじゃないだろう?と言えば、程度の問題ね、とばっしりと斬る。傲慢さと紙一重、と暗に示す。

一体、いつからパパに対して、そんなことが言えるようになったんだろう。全くママは感心してしまうよ。

沢山の友達に愛され、頼りにされ、本気になって相談に乗り、役に立つからと参考書を貸してあげ、何かあれば家に誘い、お腹が空いたからとスパゲッティーを作ってもてなし、ママが帰るまでにきれいに片付け、夕食の準備までしてくれている。

さすがに貴女のために友達が贈ってくれた千羽鶴を見た時には驚いたけれど。

これから、どんな新たな面を見せてくれるだろう。

16歳、おめでとう。




にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています


2017年11月9日木曜日

20歳を迎えた貴女に








誕生日を一緒に祝わなくなって、早三年。
貴女は既に自分の人生を一人で切り拓き、歩いて行っている。
去年は進学の件で本当に心配したけれど、どうやらうまく切り抜けた様子。

どんどんと一人で住む場所も決め、賃貸契約も済ませ、家具を購入して住みやすい環境を整えていく貴女に、ただただ目を見張るばかり。

貴女にとって、手に取る地図は世界地図。生まれた時から文化の違い、言語の違いを肌で感じてきた貴女にとって、異文化環境は特別なことではないのかもしれない。

高校に入って初めての友人宅での大きなパーティー。帰宅は真夜中になると知り、母親として不安になり、数々の質問をしたよね。そうしたら、「私はママの娘なのよ。ママ、私を信じて。」貴女はそう言ってのけた。ママは、頬を殴られる思いがし、はっとした。そう。ママは貴女をいつだって信じていたし、信じているし、これからも信じていくよ。

ママの娘なんだから、危ういこともあろうと思う。
不安に押し潰されることもあろうと思う。

まあ、取り敢えずは、ママだったらどうするだろうか、って考えてみてね。
そうすると、きっと新たな道が見つかると思うよ。

堂々とこれからは一緒にシャンペンが飲めるね。先ずは乾杯しようか。
貴女の20歳を。

誕生日、おめでとう。





にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています



2017年11月5日日曜日

18歳になった君に






ここに、小さなタンブラーがある。

軽いけれど、真空二重構造。
チタンは固くて、成形する上ですぐに割れてしまうといった困難さがつきまとう。
そういった様々な困難を克服したエンジニアたちの努力の賜物が、このチタンのタンブラー。
高度な加工技術により機能性を重んじることで、美がもたらされ、持つ人の魂をも揺さぶる。

君の好きな氷水を入れてみよう。
保冷性はもちろん、手にしても結露しない表面。冷たさを感じない心地よさ。
今度は熱い紅茶を入れてみようか。
優れた保温性に驚くだけでなく、手にして優しい温もりにはっとするだろう。

君の18歳の誕生日に、この小さなチタンのタンブラーを贈ろう。

この小さなタンブラーの中に、
君はどんな世界を見出すだろう。
どんな世界を取り込むだろうか。

誕生日、おめでとう。




にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています