2018年6月17日日曜日

薫風








数日前から何度もチェックしていた。類似の内容とは知りつつも複数のサイトで同じ項目を検索していた。予報なので正確性はある程度求められていても、結局のところ当日にならないと分からない。だからか、できるだけ期待に沿った答えを探してしまう。今回は、何度も複数のサイトをチェックする程、それだけ期待通りの回答は得られていなかった。検索する数および費やす時間は、期待の内容と反比例のカーブを描くに違いない。

天気予報。どうやら当日は雨模様。前の日が快晴マークだけに、傘マークが恨めしい。

それでも、きっと晴れると思っている自分がいた。母にとって大切な日。いや、大袈裟に言ってしまえば、一族にとって大切な日。いやいや、それは大袈裟でもなく、4代に渡り受け継がれてきた家業の100周年記念式典。ご先祖様、特に、父が全知全能を使ってでも、母の為に、そして一族の為にも晴れにするに決まっていると思っていた。

そして、本当にその日は晴れた。きれいに晴れ渡ってしまった。








緑眩しい庭園で、無事に酒樽の蓋を木槌で割って鏡開きをし、大勢で記念写真。
それから館内に入っての祝宴。その席で、兄がスピーチ。

相変わらず張りのある通る声で、AIの話題も取り入れつつも、知的な風格のある挨拶となる。途中、一瞬止まり、「あ、すすみません。ちょっと度忘れしてしまいました。」と、笑いを取る場面もあり、ユーモア溢れ、好感の持てるものであった。

翌日、兄と前日の会について話をし、本当に晴れて良かったね、あれはご先祖様のお蔭よね、となる。スピーチが素晴らしかったと伝えた際に、因みに、何を話す予定だったのかと聞いてみた。あっはっは、と笑いながら、震災のことを言う予定だったと言う。そうか。もしかしたら、ご先祖様が祝いの席だし、今言わんでも、と、一瞬忘れさせてしまったのかもね、と笑い合った。言ってみて、ああ、本当にそうなのかもしれない、と思ってしまう。








フランスに帰り、慌てて父の写真の下に、今回の百周年記念グッズの一つ、エンブレム入りマグカップにお水を入れてお供えする。地元のお饅頭も添える。


霊感などちっともないし、特別夢を見ることもない。それでも、今回だけは純粋にご先祖様のお蔭なのだと思ってしまう。生前の父がウィンクしているよう。ただ、ただ、感謝。











にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています


2018年5月13日日曜日

挑発する存在








聞いていなかった、と思う話が多いこの頃。末娘バッタにしてみれば、ママにはいつだってちゃんと話をしているとのこと。私がうっかりして、話を半分にしか聞いていないのだろうか。

この金曜の夜の話も聞いていなかった。一人の友達の誕生日を祝うために、もう一人の友達と夕方からパリに行って、帰りが遅くなるので皆で我が家に泊って、翌日お昼前に解散。試験や研究発表会、コンサート、色んなイベントが目白押しでとにかく忙しいと言っていたのに。誕生日だから、特別らしい。確か、プレゼントを別の4人ぐらいの友達と贈るのではなかったか。それはそれで、今回のイベントとは違うらしい。

これまでにも、一人の友達の誕生日を、別のシチュエーションで何度も祝っていることには、気づいていた。祝う友達の顔ぶれ、場所、内容がそれぞれ違う。最近はそんなものなのだろうか。

あいまいな返事をしていたが、夜になって、実はパリに出掛ける案はなくなり、よって、誰も泊りに来ないことになったと言われる。そうなると変なもので、娘が不憫に思われてしまう。親御さんにしてみれば、二週間ものバカンスが漸く明けて勉強モードになったと思えば、イベント尽くし、飛び石連休ありで、子供たちの学習態度が心配なのだろう。そりゃあそうだ。それでも、友達のためにアイディアを練って企画した末娘バッタが淋しそうな様子に、優しい言葉を掛けてしまう。残念ね、仕方ないわよ、次回は皆泊ってくれるといいよね、などなど。

ところが、その夜になって、二人とも親の承認を得られたので、イベントを決行すると言う。軽食を持ち寄って、セーヌの川沿いでピクニックをするらしい。寒かったら、家で皆でピザでも作って食べることを提案してみたが、16歳の少女たちは雨が降ってもパリに行くだろうことは容易に想像がついた。

時計の針が既に翌日の時を刻み始めた頃、SMSを送る。「もう帰ってこないと駄目だよ。家に鍵をかけちゃうぞ。」すぐに返事が来る。「今電車の中。もうすぐ帰ります。気を付けるから大丈夫だよ。」

8月にはブルターニュ地方のパピーの故郷である小さな島で、夜遅くまで友達と自転車で遊び回っていることは知っていたが、ここは、あの平穏な誰もが誰をも知っている島ではない。この間だって、自転車に乗っていて、知らない男性にクラクションを鳴らされたと言っていたではないか!挑発するつもりは本人たちには毛頭なくとも、存在自体が挑発している年齢層にあることを全く自覚していない。末娘バッタに何かあったら、というよりは、そのお友達に何かあったら、との心配の方が募ってしまう。

「知りません。」
そう書き送ったものの、何事もないことを願うというよりは、ありとあらゆる最悪の事態を考えてしまい、心配で目がぎらぎらとしてしまう。

随分と時間が経ったようにも思えたが、実際はそうでもなかったのかもしれない。扉の開く音がして、家の空気が動いた。友達も遠慮してか、その後の音がない。こんな時間なのだから、恐縮して当然だろう。ひょっとしたら、末娘バッタから私のメッセージを聞かされ、怒られては敵わないと、皆それぞれ家に帰ったのだろうか。そう思いつつも安心して寝てしまう。

翌朝、玄関には丁寧に靴が並べられていて、友達が泊っていることが分かる。朝食にパンケーキでも焼こうか。いや、ケーキにしよう。ふんわりと優しくて、中がしっとりとしているレモンケーキがいい。レモンの代わりに燦燦と降り注ぐ太陽を一身に浴びて育ったオレンジを入れよう。元気な16歳のお嬢さんたちにはぴったりではないか。

ふと、そのうちの一人が17歳になったことを思い出す。甘い香りがキッチンに溢れてくる。




にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています

2018年5月10日木曜日

持つべきものは、、、








今朝は寝覚めが悪かった。いや、今だからそう思えるのか。
せっかくの休日なのに、目覚ましもつけていないのに、昨日は夜更かしさえしたのに、何かに急かされて起きてしまう。外はぼんやり明るくなっているが、どうやら曇り空。

腹部に普通ではない痒みを覚えて、これまた何故か患部を見る。いつもなら、ただ掻きむしるだけなのに。そして、そこに黒い粒のような突起を見つける。初めての体験なのに、これはティックだと本能が告げる。

先月、森のゴミ拾いボランティアをして、大きなゴミ袋2つに、スーツケース、壊れた車のドアなど、信じられない森のゴミを拾って、一人では持ち運びきれずに応援車を呼んだというツワモノの末娘バッタが、その時、同時にティックも拾っていた。

以前長女バッタが矢張りティックに噛まれ、抗生物質にもお世話になったこともあり、処置を間違えると大変なことになることは知識としてあったことが幸いしてか、末娘バッタは冷静に友人たちにティック除去道具を持っていないか聞き回り、すぐに道具をゲット。頭が取れたり、足が身体に残ることになり、病気になっても自分の責任にできるからと、自分でティックを除去。その時は、脚も頭も胴体もすべて揃った元気なティックを足の太ももから抜き取ることに成功していた。

未だ安眠を貪っている末娘バッタを叩き起こす。ママの一大事だぞ、と。すぐには起きない末娘バッタだったが、漸くむっくりと起き、痒い突起を目にして一言、「ティック」。

ああ、嗚呼!虫が自分の身体に入り込み、血液を吸っているなんて考えただけで卒倒してしまう。

しかし、これが初めてのことなのに、どうしてすぐにティックだと分かったのか。本能とはすごいものだと、我ながら感心。いや、それどころではない。猫を飼っている近所の知り合いにSMSでSOS。どうやら、寝ているところを起こしてしまったらしいが、半時間後にはティック除去の道具を借りることができ、経験豊かな末娘バッタに除去してもらう。

持つべきものは、どんなことにも動じない我が子かな。ありがたし。
二日前に森に散策に行った時に見初められたのだろうか。もちろん、持つべきものは、猫を飼っている近所の友人!いやはや。薬局でちゃんとティック除去道具なるものを購入し、我が家に常備しておかねば。ちなみに、ティックとは、吸血鬼、マダニのこと。





にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています

2018年5月8日火曜日

届けたい思い








通りを曲がる前から、甘く芳しい香りが風に運ばれてきて、思わず歩みを緩めてしまう。
純白のリラの花房の重みで細い枝がしなっている。見上げると青い空。

この香りを届けたくて、袋に白、薄紫、赤紫の花房を一杯に入れ、何人もの友人宅に押しかけて行ったことを思い出す。思い込みが激しく、思い込んだら突っ走る性格。あの時の情熱はどこから溢れてきたのだろうか。もちろん、皆喜んでくれたが、大ぶりな枝ごとのダイナミックな花束に面食らった人もいたろう。

そんな友人たちの多くは、日本、北欧、パリ、南仏にとそれぞれに引っ越してしまっていた。それでも、庭に出て、見事な花房をつける枝を斬り落とし、花束を作る。ご近所に一人で住む85歳になるマダムに届けようと思い、末娘バッタにその旨声を掛けると、マダムの家にはそれは見事なリラの木があると言われてしまう。我が家のドアを開け、お向かいにあるマダムの庭に目をやると、確かにそこには色とりどりのリラが初夏の風に光っている。それもそうかと、我が家の玄関に飾ることにしてしまう。それが10日前の土曜日のこと。

その後末娘バッタから、マダムが体調が悪くて寝込んでいたことを聞かされる。高熱で意識が朦朧とする日々が続いたらしい。「ママがあの時、リラの花束を持って行ってあげたら、と思うと!」末娘の心配そうな顔。学校の帰りに顔色のすぐれないマダムに通りで会って、話を聞いたらしい。

会いに行こうとの思いがあったなら、庭にリラが咲いていようと、我が家のリラの花束を持って行けばよかったと、後悔してしまう。

ちょっとしたお菓子を作って届けようか。キッチンにはちょうど色付いてきたバナナが2本。最近お気に入りのシナモンたっぷりのバナナケーキにしようかと卵を割り始めたところに、末娘バッタが登場。バナナのケーキなら、シフォンケーキ以外には考えられないと主張する。ママが作るケーキで一番好き、とまで言われてしまい、ここは喜んでシフォンケーキに変更。

ふっわふわのバナナシフォンケーキが焼き上がる。生クリームと苺で飾り、マダムの家の前に立つ。藤の花の香りに優しく包まれながら。





にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています



2018年5月1日火曜日

幸せを祈って







毎年、
この時期には必ず純白の鈴を連ねるミュゲ。
庭の片隅にそっと可憐に、控え目に咲き誇っています。

フランスでは5月1日には、幸せを運ぶと言われるミュゲを大切な人に贈る習慣があり、メーデーの祝日ながら、通りの角で小さな即席マルシェがあちこちに出現します。


昨夜一晩じゅう降っていた雨を含み、柔らかに朝日を浴びて咲く我が家のミュゲを、皆様お一人お一人に贈ります。

幸せを祈りつつ。






にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています



2018年4月21日土曜日

するか、しないか








今年、元旦に揃ったバッタ達に、新年を迎えての初心と抱負を語ってもらった。そんな時、すぐに率先的に発言をするノリの良い末娘バッタが口火を切った。それから、長女バッタが相変わらず、頓智に富んだコメントをして、皆を笑いに包み、雰囲気はお正月らしく初々しく、福福しかった。

ママは?

バッタ達の視線を一身に浴びる。

ママは、今年は一切アルコールを飲まないこと!これを一年守ります。

バッタ達が驚きの声を発する。すかさず息子バッタが一言、「僕はチョコレートを食べないでおこうと思っていたんだ。」

皆、ちょっと静かになる。ママがアルコールを飲まないことと、息子バッタがチョコレートを食べないことは、かなり意味合いが違ってくる。アルコールは今のところママだけ摂取しており、時々バッタ達から嫌味が飛ぶ。健康に良くない、一人で飲むのはどうかと思う、アルコール度が強過ぎはしないか、などなど。ところが、チョコレートは我が家で誰もが愛しており、チョコレートを食べない日など珍しい程。

私が何を思ってアルコールを止めることにしたのか、別に皆に公表しなかったように、息子バッタも、何故チョコレートを口にしないことにしたのか、何も告げなかった。そして、確かに彼はそれを守った。

パック(イースター)の時でさえ、チョコを口にしなかった。あんなにチョコ好きが一体どうしたのだろう。以前グルテンでアレルギー反応を示したように、チョコアレルギーということでもない。ニキビに悩んでいる様子でもなく、肥満でもない。ノエルの時には、毎日、その日の窓を開けて中のお菓子を楽しむ大きな12月のカレンダーの箱を嬉しそうに、そして大事そうに寮に持って行ったというのに。お菓子はチョコレートと相場が決まっていた。

それに、これまで一度だって、何かを食べないでおこう、なんて決心をしたことはなかった。

そんなある日、息子バッタが我が家に来る時に使う勉強机の上に、昨年の夏に担任の教師からもらったキットカットが目に入った。「きっと勝つ」という験担ぎでキットカットを生徒一人一人にプレゼントしてくださったと聞いていた。息子バッタはそれを手つかずで机に今でも置いている。

その時、ふと、謎が解けた思いがした。彼にとっては、昨年夏のバカロレアで未だ勝負は終わっていないのだ、と。来年夏のコンクールこそが勝負なのだ、と。

そこまで考えたのか、実際のところは分からない。それでも、勉強を続ける毎日の中で、何か簡単に実感できることをしたかったのではないかと思う。

問題集を解くことで学びは定着するのだろうが、効果の手応えなど、そんな不確実で分からないことはないのではなかろうか。そんな中、チョコレートを食べない、という、単純な行為は、非常に分かりやすいのではないだろうか。自分が決めたことを、愚直に実行する。実行している自分に、ある種の拠り所を求める。

自分を見失わずに、志を常に胸に抱いて荒波にもまれることは、簡単なことではあるまい。

それに比べると母親の年初の抱負は、高尚さに欠けようか。いや、抱負に良し悪しもあるまい。高尚でなくとも、非凡でなくとも、一向に構うまい。するか、しないか、だけのこと。







にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています




2018年4月14日土曜日

同じ時を駆け抜けた仲間たち









完全売却となり、同業であった買収先に全従業員の2割も行かず、実質上消滅してしまった以前の勤務先。

最後は誰が買収先に行くのか、誰が他の良い就職先を見つけたか、誰が起業したか、そんな話で持ちきりとなり、噂が噂を呼び、憶測だらけの、不健全な空気が漂ってしまっていた。

煌びやかな虚構の世界。外に出てみて、その異常さが漸く分かった。そして、そこに未練がましく未だに残っている元同僚たちとは、もう吸っている空気さえ違うと感じていた。

あれから5年になるのだろうか。久しぶりに皆で集まるという。既に参加を表明している名簿の名前を見ていくと、懐かしい顔が次々に浮かび上がる。久々に行ってみようかと思う気持ちがほんの少しだけ起きて、自分自身でも驚いてしまう。

セーヌ河に停泊している船を貸切っての夕べ。
会社の羽振りの良い時には、社を挙げて毎年チームビルディングとかの名目でニース、リスボン、ストックホルム、モナコなど、各都市で週末研修をしていた。最後はパリのディズニーランドだっただろうか。その度に社名の入ったジャケットやリュックをもらっていたことを思い出す。年の暮れになると、誰からとなくシャンペンのRuinartの注文票が出回ったものだった。

見栄や虚勢などの感情一切抜きにして、純粋に皆に会いたいと思った。そう思える自分が不思議でもあった。

当日は昼食の時間もない程の忙しさで、パーティーの始まる時間にも未だデスクで金曜最後の一件を片付けていた。これが最後、と思っても、次々に案件が出てきて、最後の最後の最後を手掛けていた。

幹事からの連絡によると既に参加者リストは100人近くに達していた。

行くだけ行こうか。挨拶するだけ。そうして、帰ろう。今にも雨が降りそうな曇り空の下に駆け足で躍り出た。

セーヌ河沿いに停泊している船はすぐに分かった。夕暮れで辺りが暗くなっていく中、船の窓からは明るい光が放たれ、既にかなりの人数が笑い合っている姿が目に入った。が、どうもピンとくる顔が見当たらない。

と、まだ先の方にもやや小ぶりの船が停まっている。
デッキには当時と全く変わっていない顔ぶれがいる、いる、いる。にんまりとしてくる。
船内には、あちこちで既に塊が出来ていて、大声で話すもの、抱き合うもの、とにかく賑やか。そのどの塊にも、知っている顔がいる。

毎朝、7時の早朝会議の後、一緒に珈琲を飲んだイタリア人のリリーが見つかる。抱き合いながら、懐かしさで胸一杯になる。相変わらずの笑顔と早口で、情緒たっぷりに話し始める彼女を見つめながら、どうして今まで彼女の肩を抱くことをしなかったのか、不思議にさえなってしまう。どんなに会いたかったか!

未だ20代の後半。そんな時から一緒に同じ釜の飯を食って来た仲間達。
あの輝かしい時代。純粋に懐かしいと思える程、時間が経過したことに驚いてしまう。当時を愉快に振り返り、肩を叩き笑い合う。夕闇が、髪の色を目立たなくさせ、目の皺も隠してしまうので、次第に、本当にちっとも変っていない、当時の仲間達の顔になる。

ヒールを履き、スーツに身を包み、時代の先端を走っているように錯覚していた、あの時代。駐車場、カフェテリア、銀行、何でも揃っていた社屋。当然の様にタクシーで移動し、当然の様にハイランクのホテルに泊まっていた、あの頃。

虚構であったとしても、そんな境遇にあったことで、志高く、バッタ達を育ててこれたのだと、今、漸く思うに至る。

未だ同じ業界でしのぎを削っている昔の同僚の一人と一緒に船から出た。とうとう空から銀の小粒がぱらぱらと落ちてくる。彼女はゴールドのハイヒールで石畳を歩きながら、真っ赤な傘を差し、目の前を通ったタクシーに手を上げ声を掛けると、再会を約して軽く抱き合い、危うげな足取りで赤信号で止まったタクシーに向かって走っていった。

最寄りの地下鉄の駅はパリ市庁舎。地下鉄の排気口からの温かさを求めてだろうか。寝袋にくるまって寝ている浮浪者の脇を歩き、すえた匂いのする地下鉄の階段を下りていく。

仲間という甘い言葉に酔いしれながら。




にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています