2015年3月31日火曜日

月とピンクのマグノリア



次のイベントには出られるだろう。
そう思ってエントリーした筈なのに、その日が近づくに従って、様々な思いに押しつぶされ、陰鬱になっている自分に気が付く。
結局のところ、自分を縛っているのは自分。
そんな簡単なことは分かっているのに、呪縛から逃れられないでいる。


「会えたら嬉しいけど、もう嫌なのかな?」
そんな友人からのメールへの返事を考えていた。
いっそのこと、今の気持ちを分析し、丁寧に書き連ねようか。
もやもやとした思いを言葉に置き換えることで、奇妙に言葉ばかりが生き生きと一人歩きをしてしまう。それが果たして良いことなのか。悪循環ではあるまいか。
呪縛。


押し潰れされそうな心を抱え、終着駅で吐き出され、我先に帰路につく人々に揉まれ地上に出てみると、

暮れなずむ街に

紺碧の空に煌めく月

それを真っ直ぐに見つめるピンクのマグノリア。



時を忘れる。




にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています




0 件のコメント: