2014年11月16日日曜日

夜道



終電には未だ早いと思われる時間。大勢の人々がそれぞれのストーリーを背負って地下の駅から駆け上がってくる。運行している路線バスはなく、唯一の頼りのタクシーも見当たらない。駅前にびっちりと停車していた車の列は、申し合わせたかのように次々に人を乗せ、一瞬のうちに消え去ってしまっている。

静寂に取り残される。

夕食をとるタイミングを逸してしまっており、空腹を痛い程感じる。さて、歩くしかないか。申し訳ないぐらい、ブーツのヒールの音が響き渡る。

冷たい空気が頬に迫るが、そのうちに身体中のエネルギーが体内を駆け巡り、心は爽快感で満たされ始める。何だか、高尚なことをしているような気持にさえなってくる。

この瞬間を独り占めした優越感に酔いしれ、我が家の門をくぐる。




にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています




0 件のコメント: