2014年12月26日金曜日

早朝雪掻き隊員、急ぎ馳せ参じる






「ママ、日本に行ってきたら。」

息子バッタの言葉が胸を貫く。
突然一人になってしまったボルドーのパピーを今年のノエルにはパリに呼ぶことになっていた。パパのパリのアパートは手狭なので、我が家にも呼ぶことにはなっていたが、二週間の滞在中、そのタイミングは後日相談しようとバッタ達の父親とはすでに話をしていた。

ノエル。
家族が一堂に会して一年のことを振り返り、新たな一年に向けて思いを一つにする行事。お互いにすべてを許し、愛を確かめ合う行事。

二週間のバカンスの一週間はパパと過ごす取り決めになった初めての年、日本人にとって重要な時期はお正月なので、とノエルの週をパパのもとにバッタ達を送り込んだ。そして、友人たちと遊びに出かけたものの、周囲はノエル一色。今ではどこで過ごしたかさえ定かではないが、とにかく、街を歩く家族連れを見ては涙し、夕陽を見ては涙にくれた。もちろん、最初の年であったことも大いに影響していようが、決してノエルをバッタ達なしに過ごすことはしまい、と思ったのは確か。彼には新たな家族がいるのだから、その新たな家族と過ごせばいいではないか。これからノエルはバッタ達と過ごすことにするわ。そう宣言すると、彼はあっさりと納得してくれた。

そうして、次の年はノエルに大奮発をして臺灣の妹一家のところにバッタ達と遊びに行くことにした。亜熱帯の彼の地では、冬でも暖かで過ごしやすく、アジアの熱気の虜になり、毎年恒例の様に遊びに行っていた。

今年は仕事も休めまいし、時にはフランスに残るのも悪くはあるまい。長女バッタにとっても進学準備を続けねばならない重要な時期でもある。そう思っていた矢先のことだった。

息子バッタは続ける。
「パパはママには言えないだろうけど、今年はパピーを呼んで、皆でノエルを祝おうと思っているんだよ。だから、ママ、日本に行けばいいよ。」

ママが一人になってしまうことを気にしての発言なのだろうが、息子に現実を突きつけられ動揺してしまう。ママの居場所はないってことか。

じゃあ、今年は一人で臺灣に行こうか。旧正月を祝うことから普通の日々である臺灣で、姪や甥に手料理を振舞うのも悪くあるまい。妹との他愛ないおしゃべりも大いに楽しみだ。

と、日本の母から電話が入る。かくかくしかじか、そういうわけで、今年は臺灣にちょっと行ってくることにしようかと思っている、と告げる。

すると、そりゃあ臺灣は暖かいから、いいわよね。そりゃ楽しいわよ。わざわざ寒い日本に冬を過ごしにくる必要はないわ、との思わぬ答えが返ってくる。胸がざわつく。

「あ、雪掻きしに、日本に行こうかな。」
そう言うと、雪掻きしにくるなら、ぜひいらっしゃい、大歓迎よ、と弾んだ声が返ってくる。

今年は既に何度も大雪が降り、早朝から雪掻きをしていると聞いていた。お正月まではいられないけど、ちょっとだけ行ってこようか。

母の大好きなチーズを末娘バッタと選び、息子バッタが生ハムを選ぶ。臺灣のいとこたちにとお菓子を選び、慌てて郵送。

そして、母の待つ日本に。
こんなノエルも悪くない。早朝雪掻き隊員、急ぎ馳せ参じる。





にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています




0 件のコメント: