2016年3月13日日曜日

玉子焼き弁当



金曜の夜はいつも以上に忙しない。
夜の8時には我が家から車で30分程したところにある森に住むバイオリンの先生のところにバッタ達を連れて行かねばならない。その為には7時半には帰宅していなければならないが、何故か金曜の夜はハプニングがつきもの。オフィスを6時に出ようと心掛けても、何かに引っかかってしまい、気が付いたら6時半になっていることはざらにある。そうして、そんな時に限って電車は危険物発見の為運行一時停止、或いは、何かのトラブルで急行が各駅停車となったりする。

今回は終着駅で事故があったとかで、運転手が申し訳なさそうに、自分だってちゃんと最後まで乗客の皆さんを連れて行きたいが、状況によってはままならないこともあるので、どうぞ堪忍して欲しいと言うので、皆が溜息をつき、タクシーなんかない無人駅で降ろされたが最後、歩いて帰るか、家族や知り合いに連絡をして迎えに来てもらわねばと覚悟と算段を練り始めていた。絶望的な思いに駆られつつも、何とかなるさ、と開き直っていたところ、各駅停車でのんびり運行していたことが奏功したのか、事態は好転、終着駅まで運行が許可されたとのことアナウンスがある。

それでも、いつもよりも遅い到着。慌ててタクシーに乗り込む。パリで研修を終えた末娘バッタと一緒だったので、息子バッタにSMSを送る。
「あと5分で到着予定」
これを見たら、バイオリンを玄関に準備し、待っているだろうと期待していた。

庭を転がり込むように走り玄関の扉を開けると、キッチンに息子バッタの後ろ姿が見える。
「何しているのよ!急いでちょうだいよ。行くわよ!!!」
大声を張り上げて家に入る。

と、何やらお弁当を作っている様子。
「あ、作ってくれたんだ。ありがとう。」
返事はない。青いケースが三つ。手に取ると温かい。
「お箸かな?スプーンでいいの?」
やっぱり返事はない。頭にきて、わめきちらしてしまう。

すると息子バッタは一人で二階に行って悠長に歯を磨き始めた。全くなんでそうなるのか。レッスンの時間には、確実に遅れてしまっている。となると、帰りはいつも以上に遅くなってしまう。こちらも一日、いや、一週間の終わりで疲れが澱のように溜まり始めている。

ぷん、ぷん、怒りながらエンジンを掛ける。

末娘バッタが慌てて乗り込み、息子バッタがイヤフォンをしながら助手席に乗り込む。手元を覗けば、ゲーム。

お弁当を作ってくれたのは嬉しいけれど、ママだって内容に合わせていつもお箸やフォーク、スプーンを用意するじゃない。聞いても答えないとはどういう料簡なのよ。

未だ準備の途中だったとの返事。
皆が帰って来たら一緒に食べようと思って待っていたから、準備が遅くなったとのこと。

それから、すましてゲームに熱中している。

話題を変えて、末娘バッタの研修の話をするが、全く反応がない。これが、アド。ティーンという生き物なのか。

ゲームよりも、ちょっと研修の話を聞いてあげてよ。すごいんだから。
そう言うと、意外に素直にイヤフォンを外し、末娘バッタの話を聞き始め、漸くいつもの楽しい雰囲気となる。そりゃあそうだろう。彼も、母親以上に末娘バッタの話を楽しみしていたのだから。何と言っても彼女の体験は普通じゃあできない。

30分遅れで到着。
バッタ達を先に行かせ、その後車を止めて、お弁当だけを抱えて遅れて教室に入ると、二人は既に弾き始めている。

そおっとお弁当箱を開ける。ご飯の上に卵焼き。
鼻の奥がつうんとする。
これって、中学一年の土曜日に、父が作ってくれたお弁当とそっくりじゃないか。

お弁当箱は三つ。ご飯と卵焼きのお弁当が二つ。もう一つにはくるくると巻かれたハムが4つ入っていた。彼が初めて作ったお弁当。しかも、ママと妹バッタの為に。

それなのに、怒鳴ってしまったなんて。
ご飯はバスマティライスだったので、お箸で食べるにはちょっと一苦労だったが、カレーの風味が何とも言えず、卵焼きとぴったり。

ありがとう。さっきは怒鳴ってごめんね。
バイオリンを弾く背にそっとつぶやく。








にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています





2 件のコメント:

fleur de sel さんのコメント...

サンジェルマンレイ パリ中心のRERはよく乗りました。パリのRERはよく遅れや事故がありますよね。人身事故によることも多いし。
でもお弁当作って待っていてくれたのですね。優しいですね。男の子は恥ずかしがりやだからぶっきらぼうの態度に出ますね。父親のお料理というと次女が初めて作ってくれたチャーハン。あらできるのと思ったらママが教えてく売れないからパパに教えてもらった。と言われました。全然作り方違うのですけれどね。美味しく頂きました。

kookaburra さんのコメント...

Fleur de selさん、今日は。

せっかくコメントを書いてくださったのに、お返事がすっかり遅くなってしまいごめんなさい。とても嬉しく拝見していたのですが、あまりに余裕のない日々を送ってしまっておりました。

次女さんのチャーハンのお話。大好きな母親に突っ張っている頼もしいお嬢さんのご様子が明るく伝わってきました。今ではきっとすっかり大人になられて、もう少し素直に母親に甘えていらっしゃるのだと思いますが、若い時ってなかなか素直になれないものですよね。

お子さんをお持ちになると、また母親への感謝の気持ちもぐっと変わるものと思います。
お母様がお料理上手なので、きっとお嬢様たちもお上手なのでしょうね。きっとママの味を思い出して作っているのだと思います。