2016年3月6日日曜日

弥生の空







真っ青な空に輝く太陽がまぶしい。
サングラスを探さなきゃ。

と思えば、今度は鼠色の雲に太陽が隠れて急に冷たくなり、慌ててダウンのファスナーを首まで上げる。

空から霙が落ちてきて、そのうち辺りは薄っすらと白くなる。

雪?

膨らみかけていた水仙の蕾が震えている。

何て気まぐれなのだろう。

こうして春は巡ってくるのか。
きっと去年も同じように思ったに違いないし、来年も同じように感心するに違いない。
ほら、また太陽が輝き始めた。







にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています




0 件のコメント: