2013年8月30日金曜日

パピーとカーウェイ(雨合羽)




そういえばさぁ、パピーってママのこと大好きなんだよ。

突然、息子バッタが言い出す。
パピーとはフランス語でおじいちゃん。日本のパピーは既にバッタ達がこの世に誕生する前に他界しているので、パピーと言えば、彼らのフランスのパピーのこと。

日本の話をよくしてくれるし、
ママからもらったカーウェイをいつも嬉しそうに着ているよ。
そして、ママにちゃんと使っているよ、ありがとうって伝えてね、って言うんだ。

あらあら。
これだから子供は当てにならない。そのメッセージ、これまで聞いたこと、なかったもの。

それからさぁ、ママと蟹を釣りに行った話もしてくれるよ。
ママがバケツいっぱい、たくさん蟹を捕ったんだよね。

にんまりと笑顔になる。
パピーはブルターニュにある小さな島の出身。普通なら、島の人間は島の人同士で結婚し、仕事も島で、あるいは、対岸の町近辺となるところ、胸に大望を抱いてパピーはパリに出る。仕事をしながら学業を続け、通関士となり、職場恋愛の末、今のマミーと結婚。マミーはボルドーの出身で、しかもバスク系やイタリア系の血が入っており、とにかくも、島の人間ではないことから、パピーの家族はその結婚に大騒ぎをしたとか。

パリ近郊からナントに転居し、そこで長いこと勤め、二人の子供を育て上げ、最後の職場としてマミーの故郷であるボルドーに居を構え、数年前に目出度く引退。

パピーの小さな島には、毎年夏に子供たちを連れて遊びに行っていたが、こつこつと貯金し、丘の上の海が見渡せる場所に家を購入。今では、そこに年の半分以上は住んでいる。

その小さな島は冬こそ数千人の人口が、夏になると観光客で膨れ上がる。教会の塔の上には風見鶏ではなく、風見鮪が威勢よく風を切って大海原を見渡していることが特徴。そこの教会で結婚式を挙げた時には、日本人は初めてだとかで、村中の人々が祝福に道に出てくれて、お祭り気分が楽しかったことを思い出す。離婚して、最も残念なことは、この島に遊びに行く機会がなくなったことかな、なんて真面目に思うときさえある。

あれは、きっと未だバッタ達が誕生していなかった時。
潮干狩りには最適の日、とかで、早速、蟹釣りに。
蟹は蟹でも、ただの沢蟹なんかではなく、しっかりと身の入った、手のひら以上の大きさの、ドーマン(眠り蟹)と呼ばれる蟹。

パピーは得意気に秘密の穴場を教えてくれ、岩場の隙間に、それこそ眠っているようにひっそりとしている蟹を見つけ出し、興奮しながら一匹、一匹と捕獲。
気が付くとバケツにいっぱいの見事な蟹が収獲されていた。
さて、そろそろ帰りましょうか、とパピーに声を掛けると、
まだ、と頑張っている。
ふと、パピーのバケツを見ると、蟹は半分も捕れていない。
ああ、きっと私に教えてくれたので、自分の分は少なくなってしまったのね、と思ったが、パピーは真剣。
場所を変え、海水にも随分濡れ、それでも頑張っている。
海水がそろそろ足に冷たく感じてきても、全部食べ切れない程たくさん捕れたと思われても、パピーは頑固に帰り支度をしようとはしなかった。

あの日が甦る。

パピーはみんなのことが大切だから、みんなにママの話をしてくれるんだよね。
バッタ達は、ちょっと眩しそうにしている。

雨合羽姿のパピーが目に浮かぶ。
メルシー、パピー。
いつも本当にありがとうございます。




にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援いただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています


0 件のコメント: