2015年5月31日日曜日

羊歯の涙








価値観の違いと片付ければ良いのか。

音の粒を宇宙に響かせることなく、息子バッタのヴァイオリンはケースに仕舞われてしまう。「えっ?未だ練習これからじゃない!」という師の声に「父が来たので、今日は帰ります。」と答えている息子バッタの声が聞こえる。

確かに、練習は16時には終わると伝えてあった。良かったら前の生徒と交換してもらって早目にしようか、と言うと、いつもの16時半と変わらないじゃないか、と返事がある。だから、そんなに気にしていなかった。息子バッタには、先に練習を見てもらうように告げていた。そんな彼に、会った途端、ヴァイオリンの師の4歳になる末っ子君がヴァイオリンを見て欲しいとねだってしまう。それなら、と庭に出て見てあげている息子バッタ。微笑ましい光景に、つい写真を撮ってしまう。

暫くすると足音が聞こえ、父親が円満の笑みで登場するが、息子バッタの練習が始まってもいないと知るや、激怒。それならそうと、何故事前に教えてくれないのか。いや、もっともな話。でも、こんなに良いお天気で、子供達は、こんなに楽しそうにしている。ちょっとばかり、いいじゃない。

怒りを隠すこともなく、足早に去って行く。そして、SMS。「一体、何時に終わるんだ?」
今の時間から30分後を記した。息子バッタが泣きそうな顔で「ママ、いいんだよ。僕、もう行かなきゃ。こんな時のパパは酷いんだ。あとあとまでひどく怒るんだよ。」
すぐに返事がくる。「馬鹿にするのもいい加減にしろっ!」

どうしてだろう。
息子バッタは夏のコンサートで、オーケストラの第一ヴァイオリンを任されていると告げたばかりなのに。だから、練習は彼の為に必要なんだと。どうして、彼の授業が始まっていないなら、彼の演奏を聞いていこうと思わないのか。

いつだって、そう。ヴァイオリン(音楽)は父親にとっては、彼がバッタ達と過ごす時間の障害物でしかない。

涙が止まらない。
ヴァイオリンは彼にとって、大切なんだよ。
私のためじゃない。


いつか彼に分かる時がくるのだろうか。










にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています





0 件のコメント: