2016年6月6日月曜日

頑固な親







末娘バッタのお友達のお母様から、来週月曜のパーティーの送迎について声を掛けてもらう。しかし、そもそも、来週月曜に何かあるとは末娘バッタからは聞いていなかった。
どうやら夜の8時半から零時まで。送るので、帰りを宜しく、とのこと。
末娘バッタも行くと友達には言っていたらしい。

ちょっと待て?月曜の夜?これって、次の日仕事する一般人など考慮していない行事?

帰ってくるなり、末娘バッタに問いただすと、どうやらママに言うタイミングを失っていたらしい。

そりゃあ子供達は来週月曜はもう学校がないからいいが、一般のサラリーマンは仕事がある。こんな、子供万歳、親はタクシー的な扱いを堂々とやってのけるご家庭にはついていけないし、そんなところに行ってはならん!とガツンと言い放つ。

その後、ぼそぼそと言う話を聞くと、なんと、クラス全員が招待されていて、ほぼ全員参加とか。

えっ?普通のご家庭では、それってありなのか?
とてもじゃないが、翌朝6時起きだし、子供の為にそこまでできないと思っていたが、私が間違っているのだろうか?

なぜに金曜や土曜じゃないのか。月曜、学校がないなら、日中でもいいではないか。子供達で何とかできる時間帯にして欲しい。

しかし私の考えがおかしいのか。他のご家庭では皆OKしたのか。それこそ、驚いてしまう。

どうしよう。我が教育方針、大袈裟ながら人生への矜持。

人様に自分の意見を押し付けることはせずに、ここは静かにひっそりとしていよう。
娘よ。頑固な親ですまない。





にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています



0 件のコメント: