2017年12月25日月曜日

偉大なる自然


思わず長引いてしまった会議を終え、午後に控えている末娘バッタのバイオリン・コンサートに持って行くケーキのレシピを考えながら、慌てて駆け込んだ玄関の前で目を見張る。

まさか!

朝、家を出る時はいつも真っ暗闇だし、帰宅時も然り。土日は日が出てるといっても、このところ雨続きだったのか。とにかく、今まで一度も気が付かなった。

我が家のオリーブの木に実が二つほどなっているではないか!





あれは、末娘バッタが未だ11歳の頃。彼女がお世話になった方にお礼をと、会社の近くのお店に行って一目ぼれしたオリーブの木。気が付くと二鉢購入してしまい、一つは勿論贈り物として差し上げたが、一つは我が家の玄関に置くことになった。今では、すっかり我が家の玄関になくてはならないものとなっていた。

それでも、バッタ達が鍵を忘れた時の隠し場所として何度か使った枝葉も、最近は枝が細くなり、生い茂ったというよりは、やや閑散とした風情で、いつか鉢を大きくしてあげたいと思い始めていた矢先のこと。

なんと!

お腹の底からエネルギーが湧き出てくる。
太陽の恵み、自然の偉大さに、とにかく平伏す。






にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています

0 件のコメント: