2018年8月5日日曜日

燃える空の下で








週末ノルマンディーに遊びに行っていたという友人宅に夕食に行く。ひょっとしたらと聞いてみると、遂に最高の物件に出会い、値段も家主と合意したと言う。5ベッドルームで、それぞれバス・トイレがついているとか。写真を見せてもらったが、外観はノルマンディーらしい家のスタイル。内装は6年前に近代的に改装したという。大きくて明るいキッチン。

いつか一緒にB&Bをしようよ、なんて笑い合って言っていたが、彼女は本気で実行するらしい。これまでにもレストランを経営しよう、古物商をしよう、なんて言い合って盛り上がっていたが、先ずはB&Bを実行するのか。秋から一年間仕事を休職するなんて突然宣言し、驚かされたのは先月の事。ちゃんと理由があったのか。ひたすら感心してしまう。

庭でバーベキューを楽しみ、その後は映画観賞会。真っ白な壁に大きく映し出された映像を満天の星空の下で、ソファーに思い思いに座って楽しむと言う。音響の関係でこれまでアイディアはあっても試したことはなかったと、友人の旦那と今年大学を卒業したばかりの長女がシステムの設定をし始める。ふと気が付くと西の空が燃えている。

ちょうど丘の上に建っているが、彼らの庭は東側に面しているので、玄関まで回って刻々と赤さを増してくる空を愛でる。なんてゴージャスなんだろう。大空を見渡しながら思う。

しばらく佇んでから、庭に戻ると、友人が満足そうにソファーに座り、必死に音響設定している旦那と娘を見つめている。どうやらスピーカーの接続が上手く行っていない様子。と、急に軽やかな音がスピーカーから流れだす。長女のお手柄らしく、彼女の笑顔がはじける。

フランス留学時代からの友人で、彼女の旦那ともその時に一緒に知り合ったので、長い付き合いになる。気の置けない、大切な友人たち。燃える空の下、賑やかな笑いに包まれる。





にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています

0 件のコメント: