2012年5月15日火曜日

子は親の背を見て育つ



遠くで音がする。
漸く眠っていたことを思い出し、手を伸ばしてアラームを切る。

ここ数日、ゆっくりとした時間がとれていない。
特に、水曜の夜から殺人的スケジュール。
そもそも、土曜の朝に重要な説明会、そして、日曜にバイオリンの地区大会と、二つの大きなイベントが重なってしまったことが原因。
それでも、日曜は別件を断っている。
ただ、そこに、これでもか、と新たな難問が次々に降りかかってきてしまう。

いや、その他にも、かなり微妙な件を一つ片付けていたか。
あれは本当に困ったことで、七人のサムライの一人が、サムライ生命を賭して、この案件が通るなら、辞す、とやったものだから、大変。
このサムライをワガママと斬ることは簡単であったが、そんな仲間割れをしてしまったのであれば、200人近くの人々をどうやって率いることができようか。
当初は、このサムライを説得する作戦に出たが、どうやっても無理。頑固。
なら、去ね。
そう思いもしたが、そこまでサムライ魂に照らして譲れないものであることを、もう一度考えてみる。
このサムライの意見も、確かに一理ある。

さて、どうするか。

腹を決める。

サムライの長に、孫子の兵法を説くのであれば、孔子の論語を見よ、とメールする。

我々は間違っているのかもしれない。
一人のサムライの声に耳を傾けようじゃないか。
太陽の照り輝く王道を歩くべきであり、詭弁をもって良しとしては、サムライの名に恥ずべき行為。

すぐに返事が来る。

数度のやりとりで、長を説得できたことが分かる。

そうよ。
今、仲間割れをしている場合ではない。絶対譲れない内容ではなく、こちらにも弱点がなくはない。ここは、潔癖な一人のサムライの意見を聞こうじゃないか。

早速、かのサムライにメール、そして、翌朝、電話。
電話の向こうで、むせび泣く様子が伝わる。

別のサムライ仲間にも事前に連絡を入れておき、説得。

一件落着。

そうして、一致団結した7人のサムライたちによる土曜の説明会は無事に終わる。

しかし、この喉の痛みは酷すぎる。
頭の痛さも尋常ではない。

長女バッタが試験があるから6時に起こして欲しいと言っていたか。
慌てて起こしに行き、そのままベッドで寝ていると、
いつの間にか周りがきつい。
息子バッタと末娘バッタが入り込んで寝ている。

「ママ、会社は?お休みするの?」

喉も痛いし、頭も痛い。今日はちょっと起きられないよ。
声を絞り出して答える。

しばらくして、
「僕も学校を休もう。腰が痛いんだ。」

ぎょっとする。
おお、そうか。
子は親の背を見て育つ。

おっしゃ!
むっくりと起き上がる。
寝てはいられまいよ。

痛み止めを飲み込んで、外に出る。
息子バッタも鞄を背負って、先に走って出て行く。

聳え立つ杉の木に絡まって咲き誇るクリスマスツリーのような藤の花が
甘い香りで見送ってくれる。




関連記事:

分かり合える同志となるべく
 仕方のないこと
 七人のサムライ達~傾向と対策~
 モノトーンの世界が一瞬にして春に
 意外性は新たな始まり。。。



 にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援いただけると嬉しいです
皆様からのコメント楽しみにしています。

0 件のコメント: