2012年6月29日金曜日

偶然の必然



末娘バッタの話を聞きながら、
スーパーの駐車場の階段を昇りつつ、ふと、
そう、ふと、ポケットの携帯の画面を見る。

これは本当に癖になってしまっていて、
ネットワークがない地下や、
震動が感じにくい運転の後など、
ついつい、着信がないか確認してしまう。

と、どうやら、思わぬ誤作動により、
よりによって、名簿の一番、アントワーヌを呼び出してしまっているらしいことに気がつく。
アントワーヌは、我々、七人のサムライの長。

すぐに切る。

が、発信記録には残ってしまう。
つまり、相手の着信記録には、残ることとになろう。
相手の番号が分かることは便利ながら、こんな時は、色々厄介だな、と、
何も分からなかった昔を偲ぶ。

その間も、末娘バッタのおしゃべりは止まず、
いつの間にか、そんなことも忘れてしまう。

そうして、夜もベッドに入り込み、
さて、そろそろ今宵にも別れを告げようか、と思う頃、携帯が震える。

ちょっと訝しげにクリックすると、
アントワーヌ。

土曜までヘルシンキ。急用の時はメールを。

おお!
彼は、こんなSMSの効果を、一体、どれだけ知っているのだろうか。
数学博士。
エンジニア。

マルセイユの彼の血がそう書かせるのであろう、「kisses」のサインオフ。

それにしても、どうしていつも英語なのだろう。
いや、
これ以上深入りはすまい。

簡単に、間違ってさっきはコールしてしまったこと。急用はないこと。そして、ムーミンの世界を満喫し、時間があれば、と、前回訪れた素朴ながらもロマンチックなレストランの名前を記す。

そして、こちとらも、オジーのカントリーキッドだい、いや、クッカバラだい、と、「kisses」でサインオフ。
いや、オジーならば、さしずめ「lots of love」、か。

それから暫くしても、
携帯はひっそり閑としている。。。

心の湖がざわざわしないうちに、寝てしまうことにする。

仕事熱心なアントワーヌ、おやすみ。



関連記事: 意外性は新たな始まり
七人のサムライ達~傾向と対策~


にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援してくださると嬉しいです。
皆様からのコメント、楽しみにしています。

0 件のコメント: