2012年9月27日木曜日

セ モワ


この夏から携帯の調子が思わしくない。
SMSの受信を知らせてくれない。
気がつくとメッセージが入っていることが多い。というよりも、確認しないとメッセージの有無が分からない。
受信の度に震える設定にしておいたので、これまでは震動が心まで伝わる時もあり、
あのゾクゾク感がなんとも言えなかった。
瞬時、というタイミングも悪くない。
灼熱の太陽の下で、
賑やかなオフィスの中で、
砂浜に寝転がりながら、
と、相手のシチュエーションを想像しながら、
字数にして僅かなメッセージを堪能する。

短いことで、こちらがいらいらしている時には、勘違いをし、
或いは、却って深読みし、
とんちんかんな返答をすることもなくはないが、
突然の電話よりも、慎み深い気がして、
相手の時間を拘束することも少ないと思われ、
SMSを送ることは少なくない。

逆に言えば、
私自身が突然の電話を避けることが多く、
SMSでの連絡を有難く思っているともいえようか。

いつの頃からか、自宅に掛かってくる電話は取らなくなった。
何とも傲慢な考えではあるが、
自分の用事は能動的に私からの電話やメール、SMSで済ませているので、
他からの連絡は受け取らなくても、と、
一人ソファーに深く座り込んで本を読んでいる時など、特に、
電話を鳴らしっぱなしにしてしまう。
どうしても連絡をつけたい人は、メールをくれるだろうし、
家族、友人は勿論、学校関係の知り合い、会社関係のつながりの人も、携帯番号を持っているはず。

では、携帯なら、電話を取るか、となるが、
実は、これも、ほぼ取らない。

なんと厭世的なと思われようが、
電話で話をする気分になれないのだから仕方がない。

ただ、これは週末に限ってのこと。
しかも、数年前は違っていたか。
突然突きつけられた一人の時間、それは決して自由の時間ではない、孤独の時間を過ごすことになって、いつの間にか習慣化してしまったのであろう。

それでも、後から着信履歴を確認し、
相手が判明し、必要あれば電話を掛けることにしている。
基本的には人と話すことは好きであり、
単に、人と話す心の準備ができていない時もあるというだけのこと。

そんなことで、
この間も、携帯のメッセージをまとめて聞くことにになった。

曜日と時間を聞けば、ほぼ誰からかのメッセージか判断できる。
折り返した相手のメッセージがほとんど。
と、夜遅い時間が告げられる。
バッタの父親に違いない。
果たして、彼の声が聞こえてくる。

セ パトリック アラパレイユ。

えっ。

彼の低いぼそぼその声が続くが、
私の思考は一旦停止してしまっていた。

もう20年も前のこと。
東京の我が家から、彼がパリに住む友人に電話を掛ける。
「セ モワ。」

当時、未だフランス語ができない私でも、その意味するところは分かった。
所謂、声を聞けば分かる相手への呼びかけ。
「僕だけど。」

その時の電話の用件は、フランスの大学院のパンフレットを入手し送付して欲しいとの依頼であり、正に私の為であることは分かっていたが、
二人の、その余りの親しい関係に対し、
大いに嫉妬を感じたもの。

電話の相手が昔の恋人であったこと以上に
彼らの会話のほとんどが分からなかったことが、
嫉妬の感情を高めたと思う。

あれから、20年という年月が流れ、
彼とは、子供の父親と母親という関係だけになったが、
それでも、週末のこと、教育のこと、休暇のこと、と
ことある毎に電話がある度に、
「セ モワ」 から会話が始まっていた。

違和感を感じるが、
それでも、相手が誰だか分かるし、そんなものかと放っておいた。

と、
今回のメッセージ。

突然の距離感。
そして、遂に他人になったことが、強烈に伝わってくる。
解放された、との思いが、しんみりと心を満たす。



にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

2 件のコメント:

miki さんのコメント...

私も電話で話すのがあまり好きでないので、電話は取りたくないです。しばらく家に電話がなくてよかったのに、今日から電話が付きました。
彼の電話の用件はなんだったのかな~。
コメント用の認証文字が難しいです。3回目は合格するか...

kookaburra さんのコメント...

こんにちはmikiさん。
コメント嬉しいです。認証文字が難しいのですか。あらら。。。私がコメントするときには、ちっとも面倒なことがないので、知りませんでした。ごめんなさいね。他に良い方法がないか、調べて見ようと思います。皆さんからのコメントって、とっても嬉しいのですもの!
え?彼の電話の用件?あ、そうだ。なんだったんだっけ。。。
そちらでもお月見?今日は満月が楽しめそうです。ではでは、またどうぞ覗いてください。