2013年1月31日木曜日

良いニュースと、悪いニュース




良いニュースと、悪いニュースがあるんです。
どちらからお話ししましょうか。

やわらかな笑顔が返ってくる。

閉店間際に慌てて駆け込んだ自動車整備会社にて。
うっかり電話が長引いて、
愛車を取りにいく時間を忘れてしまっていた。

ドキリ、とする。
スイッチを切ってもラジオの電源が完全に切れずに、どうやら電流が流れたままになり、
どうにかすると、エンジンがかからない事態になっていたことが判明しており、
ラジオの交換をお願いしていた。

まさか、エンジンか。
急速に疲れが襲う。
1500ユーロ近い出費となるのか。
眩暈さえ覚える。

そんなこちらの気持ちを知ってか、知らずか、
受付の丸顔の紳士は穏やかな口調で続ける。

では、悪いニュースからとしましょうか。
ラジオの交換ができなかったのです。
予定されていた品物の入荷が遅れてしまい、明日以降になってしまいます。

ああ、なんだ、そんなことか。
ほっとする。

では、良いニュースとは一体なんなのだろうか。
今度は、こちらが気になる。

ほっとした私の顔を見ながら、
丸顔の紳士は続ける。

良いニュースとは、今回のラジオの交換費用一切を、
メーカーが肩代わりするといってきていることです。
駄目元でメーカー側にリクエストを出したのですが、
先方から承諾の連絡が入りました。

おお、なんと。
そりゃあそうだろう。
よくよく考えれば、新車時代からもラジオの電源には問題があり、
近所の整備工場で見てもらったことさえあったが、
当時は、特に問題なしで、片付けられていた。

丸顔の紳士は、うれしそうに、さも自分の手柄の様に話を続ける。
いや、全く彼のお陰なのであろう。

この寒空に、汗が出るほど全速力で走ったことなど、気にならず、
一言電話連絡が欲しかったなどと、思いもせず、
感謝しつつ、今朝渡した鍵を返してもらう。

すっかり丸顔の紳士のペースとなってしまったが、
悪い気はしない。

こうして、ラジオもCDも使えない、
無音の世界の中で、
エンジン音にのみ神経を集中させアクセルを踏む。



にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています


0 件のコメント: