2014年9月29日月曜日

不思議な夜道



オレンジ色の街路灯が光るペーブメント。
木々の間から爽やかな緑が香り立つ。
雨が降った後を歩くのは悪くない。
短い時間だったのか、気温もそんなに下がっておらず、むしろ汗ばむほど。
夕餉を囲むのか、どの家からも明るい光が漏れてくる。
街路灯の間隔が離れている場所では、暗闇が待っている。
それでも、歩きなれた道。
しっとりとした雨の感触を足裏に楽しみながら歩を進める。

と、かしゃり。

何かを踏みつける。

ガラス細工のような儚さを足裏に覚える。
まさか、ね。

そう思いながらも、オレンジ色の輝きに出てみると、どうやら歩いているのは私一人ではなさそう。あちこちにカタツムリが歩を進めている。

カタツムリ君たちの邪魔はしたくはない。
それでも、暗闇に入ると、本当に何も見えない。
そうして、丁度同じ道を歩もうとしているらしく、かしゃり、かしゃり、と小気味よい音を立ててしまう。

どうも申し訳ない。
ごめんよ、カタツムリ君。
そう呟いて、またかしゃり。

小雨が降ったぐらいで夜道を急ぐなんて。

我が家の灯を見つけると、慌てて走り出す。
と、またかしゃり、かしゃり。

ごめん、ごめん。
なんだか不思議な夜道。




にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています




0 件のコメント: