2014年9月8日月曜日

ラピスラズリと満月



なくしちゃいけいなからと、そっと置いておいたブレスレット。
旅から戻っても、息つく暇のない余裕なし状態だったので、そのままにしてしまっていた。
今朝、吸い寄せられるように手が伸びて、左手につけていた。

相変わらず飛ぶように時間は流れ、気が付くともう外は暗い。
それでも、なんだか体の底からエネルギーが湧き出て、テラスで食事をしている人々の間をスキップして通り抜ける。
ぼんやりと電車に揺られながら何かの予感がする。

電車を降りてバス停に向かうと、どうやら最終のバスに間に合ったよう。
バスが来るであろう方向を眺めて、はっとする。
夜空に大きな満月。

そうか。
この幸せ感はラピスラズリのブレスレットのお蔭なのかな。
贈り主を思って胸が熱くなる。
彼女も、彼の地で同じように大きな満月を見て幸せ感に浸っているのかな。

いつもありがとう。





にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています




0 件のコメント: