2015年4月4日土曜日

春を託す



「日本人が一番好きな果物って知っている?」
昨年、サンパウロにて。

バッタ達と一緒に、自分たちの好きな果物を挙げながら、頭を捻る。日本の果物なら、あのジューシーな桃か。いや、パリッとした林檎。葡萄かもしれない。こうなったらバナナ。

「苺、よ。他の国の人たちは、皆好きな果物がそれぞれあって、どんぐりの背比べ。ところが日本人は、皆が皆、苺が大好きなんだって。」
日本の裏側、サンパウロで日本人講義に耳を傾けるフランスのバッタ達。

確かに、バースデーケーキは、何故か苺のショートケーキと相場が決まっている。真っ白な生クリームが贅沢にたっぷりと塗られ、先がツンとした真っ赤な苺が上品に置かれている。バッタ達の誕生日に、このケーキを作っても、フランス人を始め、他の国の子供達からの評判は今一。お国柄とはいえ、面白いものだなと思っていた。


バッタ達の通う学校でのイベントに、一家族一品オリジナルを提供。どうやらデザート部門の参加者が少ないとのメールが入っていた。それならば、苺を使ったデザートにしようか。


桜の木は未だ蕾が膨らみ始めたところ。柔らかな葉を使うことはできない。庭を飛び回りながら、紫陽花に目がいく。既に赤ちゃんの手程の瑞々しい葉が揃っている。山吹の黄色と真っ赤な苺のコントラストも悪くないか。松や杉は力強さはあっても、春の息吹がしないか。





さて、もう一皿。新緑の香りが届くように





こうして、先ずはお皿ができあがる。

次に餡と苺を包む。山吹で色を添える。




息子バッタが味見。餡は甘過ぎるし、もっと肉厚なお餅感が欲しいとの辛口批評。いや、でも、もう、新しくは作れない。学校に持って行っていく時間が迫っている。末娘バッタが引き受けてくれていた。助っ人の友達と一緒に春を託す。










にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています





2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

すごーい! 和菓子職人の技。
ずっと食べたいと恋い焦がれるのは、日本の甘さのクリームの苺ショートケーキとモンブラン、今の季節は桜餅かな。

Muffin

kookaburra さんのコメント...

Muffinちゃん。

お褒めの言葉ありがとう♡

モンブラン、私も大好き。幼いころは『おソバ』と勝手に呼んでいました。モンブラン、挑戦したこと、未だなかったわ。

最近は、シフォンケーキにショートクリームを塗って、苺を飾って楽しんでいます。いつか写真をアップするので、見てね。よかったらオーダーメードします。なんてね。そちらに届くまでに溶けちゃうよね。