2016年5月11日水曜日

新緑の香り







「ママ、明日はブルベの試験の日なんだよ。すっごいストレスなんだから、もうそうやって怒るのやめてあげてよ。」

帰宅するなり、くどくどと末娘バッタに対して、土曜のサッカーの試合の出欠確認の連絡をしていないことを怒っていた私に、息子バッタが一喝する。

ブルベの試験?

末娘バッタは真っ赤な顔で嗚咽しながら、「ごめんなさい。ちゃんと連絡を入れるから」と謝っている。

彼女の中学卒業検定試験であるブルベが明日であることなど、ちっとも頭になかった。
カレンダーには何の印もついていない。

そうか。それなのに、いつも通りに9時過ぎの帰宅。末娘バッタが夕食を作ってくれていた。鶏の胸肉は火が強かったのか焦げていて、トマトときゅうりのサラダは味噌の塊が残っているし、梨は皮付きのまま角切り。それに対して、一つ一つ厳しいコメントをしていた。

母親失格、か。

怒っていたエネルギーのやり場に困って、それじゃあ、ママが皆悪いみたいね、と言うと、息子バッタは、そんなんじゃないよ、兎に角そうやって怒り続けるのはやめてよ、何にもならないじゃない、と。

ふっと怒りの気が消える。

母親として初めて息子に一喝されたか。
いや、確かに、ご尤も。

皮付き梨を口にすると、やっぱり皮が邪魔。それでも、実はとろけるように甘い。
「美味しい梨じゃない。」そう言うと、末娘バッタが微笑む。
「やっぱり皮が邪魔だけど、ね。」 末娘バッタの笑顔は大きくなる。

ありがとう、息子殿。

開け放たれた窓から新緑の香り。






にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています




0 件のコメント: