2017年1月31日火曜日

本当の原因









朝から歯茎がしくしくしていた。夕方には噛むことも一苦労になり、スープでさえ呑み込めない状態に。夜はずきんずきんと痛みが激しくなり、眠れなかった。

翌朝、痛む範囲が広がり、しゃべることも億劫になりながらも出社。取り敢えず、どうしてもやるべき事を片付け、漸く開店した薬局に飛び込む。痛み止めをもらい、近所のお薦めの歯科医を教えてもらう。

しかし、何度電話をしても応答なし。医者だけは適当に選んではなるまいと思うが、背に腹は代えられない。最近はネットで予約可能な医者のポータルサイトがある。予約可能な時間帯が明示され、住所をクリックすれば、地図が現れる。医者の顔写真入り。歯医者は技術革新が目覚ましい分野であろう。なるべく若そうな、優秀な技術者の面影も備えた人物を選びたいところだが、経験も必要であろう。それより、今、すぐに診てもらえることが最優先事項か。

そうやって選んだ歯科医に12時半に飛んで行く。これまで、歯医者の待合室と言えばクラシック音楽が流れている広大なサロンが多かったが、ドアを開けるといきなり、小さな空間が現れ、そこに三つほど、簡素な椅子が置いてあった。ランチの時間だったのだろうか。香辛料の強い匂いが漂っている。一瞬、迷った。が、とにかく痛いので、椅子に腰を下ろした。

アラブ系のすらっとした50代の女性が入ってくる。さあ、どうぞ、と通された治療室には若い黒人女性のアシスタントがマスクをかけて待っていた。椅子に座り、歯を開けるや、二人が早口でまくしたて始めた。

「これは酷いわね。」「ちょっと、見てよ。」「もうだめね。」「麻酔は?」「必要ないわよ。」「とにかく下の歯からいくわよ。」

おおっ!待って!痛い、痛い、痛い!!!

真っ青になったり、真っ赤になったり、手を挙げて痛みを表明したり、大騒ぎ。

すると、「このままだったら、歯が全部抜け落ちちゃいますよ。一体、いつもどんな風に歯を磨いているのですか。」

若いアシスタントがマスクで眼鏡しか見えないような顔で、「厳しいことを言いますが、この奥歯、これはもうだめ。それから、こちらの上全部、もうだめです。一年も待たずに、抜けますよ。」

慌てて、歯科医が「なんとかなるかもしれないわよ。」と受ける。

一瞬、どのみち全部抜け落ちるなら、こんなに痛い治療など受けずに放置します、と言おうかとも思ったが、そんなことでも言おうものなら、本当に彼女たちに軽蔑され、椅子から蹴落とされ、もう来なくていいですよ、と外に放り投げだされてしまうだろうと思われた。それぐらい気迫のこもった対応であった。

分かりました。歯を失いたくないです。頑張ります。

できるだけ声を出さず、テーブルを掴んで痛みを我慢。

子供三人産んだので、彼等に全部栄養を持っていかれたから、仕方がないのか、と思っていたが、これは全くの誤認であることが分かった。歯ぎしりの癖や歯を噛みしめる癖がいけないのかと思ったこともある。幼い頃に、強い歯で紐をちぎったりしたことがいけなかったのだろうと思ったこともある。

現在の自分のあり様が原因だとは思ってもみなかった。
なんと!

抗生物質、カルシウム強化剤、消毒薬を処方してもらう。先程薬局で買った薬を出すと、「あなたには、全く必要のないものね。」と一蹴。「まあ、抗生物質は売れないしで、こういった薬でお茶を濁すしかないのよね。」とも。

溺れる者は藁をもつかむ状態だったので、薬局には感謝しています、と言うと、漸く歯科医に笑みが浮かぶ。

スーパーで歯磨きセットを購入。これからは、朝、昼、晩ときっちりとブラッシングしよう。次のアポまでに、少しは歯茎を磨かないと。

鏡で見ると確かに血色がよくなっているのか、綺麗なピンク色。いつもこんな色だった気もするが、歯や歯茎なんて、ちっとも鏡でチェックしていなかったことに気が付かされる。

自分を甘やかした結果なのかと思うと、この厳しい歯科医の言う通りにしようと強く思う。諦めずに。

出会いに感謝し、歯ブラシを当てる。







にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています


0 件のコメント: