2017年6月29日木曜日

朝の一杯








オフィスに置いておいた烏龍茶の葉がなくなって数日。我が家の食品庫に寝ていた袋に詰まったお茶を持参する。お茶の缶に移す時、茶葉がしっかりとしていて、長いことに、やや違和感を覚える。ただ、これまで飲んでいたお茶の葉は一枚が丸く粒になっていて、最高級と聞いていた。なので、今回もまた特殊なお茶なのに違いないと、あまり深く考えずに数枚、いや、数本をポットに入れる。

熱湯を入れて数分。一口飲んでみると、まずくはないが、お茶というよりも微妙な味わいがする。それでも、既に仕事を始めていたし、取り掛かっていることに熱中していたので、それ以上考えずに、淡々とお茶を飲みながら仕事を継続していた。

ふと、ポットのお茶がなくなると、また新たに熱湯を継ぎ足しても美味しいのが烏龍茶の特徴。二回目の方が美味しいというから、こんなうれしいことはない。さて、熱湯を継ぎ足そうかとポットを覗いてぎょっとする。茶葉が細長く葉の形をすっかりと見せているわけではない。葉の形もなく、一本の太い茎が何本もくったりと積まれている。

その時、漸く、昨年母が日本からお土産と手渡してくれた干しぜんまいの袋を思い出す。
まさか!
一本手にして味わってみる。紛れもないぜんまい。

オフィスにあったお醤油をちょっと掛けて、朝から山菜を楽しむ。
干したぜんまいは、一度火を通さなくてもいいのかしらと思いながらも、久々にのんびりとした朝の時間となる。





にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています



0 件のコメント: