2012年1月22日日曜日

復活~体の奥底から熱きエネルギー



車のグラスに張り付いた霜を
シャーベットのように薄く削りながら、
ゆっくりと凍っていった大気の前夜のおしゃべりを
白い気を吐きつつ聞くことが、
今年は数えられる程。

冬になれないでいるのか、
春が早く訪れたいのか。

いつ冷たい雫が降ってくるかと思わせる今日の空。

クロッカスが黄色い蕾を膨らませ、
水仙がつんと先の尖った葉を覗かせ始めている。
冬枯れの木の枝は、
早くも芽を吹かんばかり。

両手に抱えた熱いカップからは
アールグレイの香り。

はかない太陽の輝きが庭を一瞬明るくし、
目敏いピーがいつの間にかやってきて、
我が物顔で堂々と土草をついばむ。

両手に感じているアールグレイの温かさが、
体中を満たし始め、
魂までをも貫かんばかりとなった刹那、

体の奥底から熱きエネルギーが溢れ出始める。


 

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけますと嬉しいです
皆様からのコメント楽しみにしています。

0 件のコメント: