2012年4月13日金曜日

春の陽だまり



閑散としたお昼前の道路を飛ばしながら、
なにやら笑みが顔一杯に広がる。
風に冷たさを感じながらも、
太陽の光は暑さを持っている。

この分なら時間通りに約束の場所に到着するな、と
時計を見ながら確認し、
ふと、そう、ふと気になる。
慌てて携帯を取り出し番号を押す。

すぐに相手が出る。
カーラジオの音楽が雑音となって聞こえてくる。
「今、どこ?」
どうやら、あと30分は優にかかると思われる地点。
「お昼にアポが入っているって、言ってなかったっけ。」
すぐに別の場所を提案してくる。
ドンぴしゃり!お昼のアポの近く。

ユーターンをし、今来た道を飛ばす。
この分なら、相手の方が先に到着か。
それなら、最初からそう決めておけば良かった。
と思うも束の間。
やっぱり、笑みが顔中に広がる。

人を待たせるのは好きではない。
が、今回は仕方あるまい。

案の定、暫くし気がつくとメッセージが入っている。
あと2分、そう書き送り、猛スピードで飛ばす。

セーヌの川面のきらめきや、
桜並木の絢爛さや、
春の太陽のまぶしさなど、
一切思考に入ってこない。

約束の場所に悠然と佇む一台発見。
隣に滑り込み停車。

そして、
春の陽だまりの中に思い切り飛び込む。


 
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆様からのコメント楽しみにしています。

0 件のコメント: