2012年12月18日火曜日

三日月がかかった、ある夜の会話




ママ、『操』って、男性に対して女性が貞操であることなの?

ええっ?
ぎょっとする。
いやぁ、確かに、そういう意味もあるけど。。。
しどろもどろになる。

15歳になった長女バッタ。
陸上の練習を終え、夜の8時半に帰ってくるなり、手も洗わずに勢い込む。

どうやら、車に乗せてくれた友達のお母さんが日本人で、
そんな話題になったという。
女の子4人を相手に、なんと高尚な。
しかも、それをフランス語で流暢にしたというから、唸ってしまう。
私が迎えに行くときには、
女の子たちは、疲れ過ぎて無口か、空腹で話題は食べ物のことばかり。
どこぞのピザ屋は生地がカリリとしているとか、
この間観た映画に、こんな食べ物が出てきたとか。

長女バッタの視線が痛いほど突き刺さる。

いろんな意味があるけど、
あなたのセカンドネームの『みさお』は漢字ではなくて、
ママのお祖母ちゃんの名前から取ったのよ。
ママはみさおお祖母ちゃんが大好きで、とっても立派は方だったから、
あなたも、みさおお祖母ちゃんのようになれば、との願いが込められているの。

じゃあ、その、みさおお祖母ちゃんって、どんな人だったの?

えっ?
あ、ああ、そうね。
いつも東京から遊びに来てくれる時、
鞄の中から、アンパンが出てきたり、氷みかんが出てきたり、
とっても楽しみだったわ。
それから、お風呂に入ると、いつも「ごしょらく、ごしょらく」って言っていたのよ。

いやいや、
そんなことでは、みさおお祖母ちゃんの立派さは伝えられない。

さあ、ご飯を食べて、先ずは落ち着いて。
そうしたら、ゆっくり、お祖母ちゃんの話をするからね。

そう言いながらも、
久しぶりに思い出が、最初はゆっくりと、うっすらと漂うようであったのが、
次第にどんどんと溢れ出し、
しまいには、幼い記憶とともにどっと押し寄せて、
どっぷりと漬かってしまい、
長女バッタには語らずじまい。

そうね、
今度、一緒にお風呂に入って、後生楽、後生楽と唱えながら、
少しずつ話していこうね。
もう、ママとは一緒に入らないわよ、なんて言わないで、さ。






にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援してくれると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています

0 件のコメント: