2012年12月27日木曜日

知らない街




迷路のような通りがどこまでも続き、
どこも同じ通りに思えてしまい、
迷子になった感覚に陥る。

行き交うバイクの音が
どこの通りでも同じように賑やかで、
歩行者すれすれに擦れ違うので
余計にどこも同じ通りに思えてしまう。

判読しようと頑張れなくもないが、
やはり意味不明の看板の波も
目印どころか、どこでも同じ雰囲気を齎している。

時には、そんなことも悪くない。

目的のない歩み、
時間に迫られない足取り。

緊張で呪縛されていた心が
ゆっくりとほどけていく。

のんびりするのも、悪くないよね。
そっと呟いてみる。



にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています。

0 件のコメント: