2013年4月23日火曜日

月明かりに救われて




さくらんぼの白い花が枝にこんもりと咲き誇り、
地面は可憐な草花が咲き乱れ、
一気にリラの蕾が形を成し、
チューリップが一斉に固い蕾の色づいた先から、どんどんと開き始め、
春が駆け足に過ぎていこうかの勢い。

太っちょの鳩たちが毎日の様に足を運び、
枝を折らないかとの、こちらの心配を余所に
思った以上に空高く、枝から枝へと飛ぶ。

我が家の庭に、何があるのか。

様々な鳥たちが、
自分達の時間をきっちりと守って舞い降り、
土を啄ばみ、
仲間と遊ぶ。

鳥のけたたましい囀りが
駆け足で過ぎ去らんばかりの春を謳っているかのよう。

いつもなら心地よい春なのに、
一人だけ取り残されてしまいそうな、
そんな焦りに押し潰されてしまいそうな、
息苦しさを覚える。

真っ白な塊のさくらんぼの花に埋まれ、
息さえできない心地になる。

寝付かれぬ夜。
窓がやけに明るい。
誘われて外を見れば、
煌々とした月。

昔からの知り合いに会ったような思いに囚われ、
思わず身を乗り出してビズを投げる。





にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援いただけると嬉しいです
皆さんからのコメントを楽しみにしています


0 件のコメント: