2014年10月30日木曜日

はりねずみ



青白い蛍光灯の最終バスから吐き出され暗闇を歩き始めると、すぐ先を何かが動く。ねずみにしては大きいと、ぼんやり思っていると、すぐ足元まで動いてくる。手のひらに乗りそうな小さなはりねずみ。

はりねずみさん。
どうかすれば、泣き崩れそうな不安定な心に、柔らかな思いがじんわりと広がる。
そうか。元気づけに来てくれたのね。

ありがとう。
『仕事で批判された時には、決して自分の性格を批判されたなんて思っちゃいけないよ。君はとっても素晴らしい性格を持っているんだ。君は素敵な人なんだよ。それを忘れちゃいけない。』

ありがとう。
何とか頑張るよ。

10月の末にしては暖かな夜。

暗闇のどん底から少しだけ這い出せたように思われ、足取りも軽く家路につく。





にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています





2 件のコメント:

あかうな さんのコメント...

ハリネズミさん、本当ですか!?すごく環境のいいところに住んでいますね。家で見かけるのはヤモリの兄弟です。ま、まさかくっかばらさん、お家に持って帰ってミルクあげているとか・・・。

kookaburra さんのコメント...

あかうなさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。嬉しかったです。はりねずみさん、あの後どこへ行ったやら。急に寒くなったのですよ。もう、11月ですものね。どうぞまた遊びにいらしてくださいね。