2014年10月8日水曜日

外は雨




時に子供は親を奈落の底に突き落とす


あどけない、つぶらな瞳で末娘バッタが尋ねる。
「ママ、戦争の罪ってなあに?」

これは試練なのか。
母親への挑戦なのか。

言葉の問題なのか。
心の問題なのか。
精神的成長の問題なのか。

12歳の子供なら戦争とは何ぞや、社会的影響、個人への影響に一度ならずも思いを馳せてしかるべき。

その過程を踏んでこなかったのか。

それとも、末っ子にありがちな、何も知らない、分からない姿勢が抜け切れていないのか。
或いは、自分なりの答えがあって、後で褒められたがっているのか。
ひょっとすると、母親と思想の討論をしたいと願っているのか。
いや、やはり本当に分からないのか。

呆然とする間にも、言葉の嵐を降らせてしまう。
今度は、彼女が奈落の底に突き落とされる。

外は雨
皆既月食も拝めまい

マサーラチャイを作って
スパイシーな甘い香りに包まれて
彼女と戦争について語ろう
いや、平和について語ろう




にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています




0 件のコメント: