2017年9月2日土曜日

ナスカの地上絵






ナスカの地上絵。





ハチドリ。









サル、クモ、コンドル、三角形、直線、、、。目の前のくっきりと見えるイラストに目を見張りつつも、セスナで酔ってしまう恐ろしさに飲んだ酔い止めが非常に効いていて、頭は呆然、うつらうつら。

その日は曇っていて、実際にフライトできた飛行場は限られており、非常にラッキーだったとガイドの男性から話を聞く。彼は母親が日本人の日系二世。とても上品な日本語を話す。しかし、我田引水的な歴史観を語るでもなく、かなり物足りなさを感じてしまう。ガイドはストーリーテラーでなくては。



イカのオアシスで休憩。








砂漠。
時間が許せば、丘陵を歩いてみたかった。バッタ達はジープでのドライブに惹かれていた。




果物やハーブを水につけ、飲料水にすると聞いていたが、レストランのコーナーで発見。
オレンジの輪切り、ハーブ、パイナップルの輪切りの三種類。




味見をした息子バッタが、消毒液の味がしたと渋い顔。




駆け足でオアシスを後に。




ペルー紀行
 第一話  インカの末裔
 第二話  マチュピチュを目指して
 第三話  真っ暗闇の車窓    
 第四話  静かな声の男
 第五話  さあ、いざ行かん
 第六話  空中の楼閣を天空から俯瞰
 第七話  再び、静かな声の男登場
 第八話  インポッシブルミッション
 第九話  星降る夜
 第十話  インカの帝都
 第十一話 パチャママに感謝して
 第十二話 標高3400mでのピスコサワー
 第十三話 アンデスのシスティーナ礼拝堂
 第十四話 クスコ教員ストライキ
 第十五話 高く聳えるビラコチャ神殿
 第十六話 標高4335mで出会った笑顔
 第十七話 プカラのメルカド
 第十八話 標高3850メートルの湖上の民
 第十九話 ゆく河の流れは絶えずして
 第二十話 コカの葉を噛みながら
 第二十一話  4000メートルの谷を覗き込む
 第二十二話  サボテンの実
 第二十三話  陰翳礼讃



にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています


0 件のコメント: