2011年9月18日日曜日

全てにはファーストタイム

 学生時代、電車の窓からのぞく青く輝く稲穂に願いをしたものだ。三つ目の願いが叶って、故郷を離れ、気がついたら一人になっていた。あれから20年。

 正確に言えば、通常は3匹のバッタ達との生活。2週に1度の割合で、週末に一人になる。勝ち取った自由な自分だけの時間は尊いが、与えられた自由な時間をもてあまし、それでも早5年の歳月が過ぎようとしている。そろそろ自分の人生として、しっかりと現実を受け止め、自分の時間として大切に過ごそうと思っている。

 人生、すべてにファーストタイムがある。今日は、私のブログ、初めての日。
 
 日々の思いを、気ままに、綴っていけたらと願っている。

時々思うことがある。我が人生、胡蝶の夢か、と。

この写真を撮影した時には思いもよらない効果として、仕上がってみた作品を手にして、我ながら驚いたことがある。水面に映えた空の色が、実際の空より青く、水面の雲の色が、空に浮かぶ雲よりも、さらにくっきりと白さを増しているではないか。

月明かりが、宮沢賢治の世界でなくとも、実に明るく、満月ともなろうなら、窓からの月明かりで、眠りから起こされることも暫し。その月の光は、実は太陽の反射だというから、自然は驚異に満ちている。

いつか、このテーマをもうちょっと深く探りたい。今日は、ゆっくりと水面に映える世界を楽しみたい。


にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村  よろしかったらご投票を

記事へのコメント、お待ちしております。ぜひお残しください。

2 件のコメント:

木蓮 さんのコメント...

クッカバラさんに映る世界をシェアさせてくださいね。楽しみにしています。

kookaburra さんのコメント...

木蓮さん!!!

ありがとうございます。

木蓮さんに映った世界も、どうぞシェアください。コメント、ありがとうございました。