2012年2月13日月曜日

チョコレート


私がチョコレートとは特別な関係にあるからなのか、
或いはチョコレートが人間にとって特殊な存在だからなのか、
チョコレートに纏わる話を挙げればきりがない。

母の実家がチョコレート製造会社であることから来る
幼い頃の甘い思い出。
夕方の、或いは真夜中の、時に明け方の、
長い車の旅の終わりを告げる甘ったるい香り。

1のときに知り合った彼はチョコレート色の肌。

その彼に、
ハートの形にチョコを固め、
ドキドキしながら郵送した高3の時の思い出。

彼の地に着いたのか、
喜んでもらえたのか、
今でも分からない。

実は、その彼とメールで再会を果たしたのが一昨年前の夏。
昨年のバレンタインには、
トンカ豆のトリュフ、
ピーナツバター味のホワイトチョコとブラックチョコの
オシャレなマーブルの板チョコを
それこそウキウキしながら
今度こそは彼の手に、
と念じつつ、
郵送する。

すると、
一週間もすると、
携帯に「何か送った?」
SMS

相変わらず、
ロマンチックな展開にならないな、
と思っていると、
「そうなら、オフィスに持ってこさせるよ。今、警備の連中は怪しんで爆破しようかと相談しているんだ。」
相変わらず物騒。

それでも、
どうやら今回は、
彼の手に届いたらしい。

そうして暫くすると、
「チョコレートありがとう」
とメッセージが携帯に入る。

私の悪い癖なのだが、
料理をすると、その味の程を何度も聞いてしまう。
特に気合を入れて作った時は、しつこさが倍増。
バッタ達に対しても同じ。
今日のディナどうだった?
デザートは甘過ぎなかった?
もうちょっとチョコがあったほうがいいかな?
この前のデザートとどっちが好き?
本当に美味しかった?
などなど。

だから、
その時も、
トリュフとマーブルチョコ、
どちらが好きだったかな、
トンカ豆の香りは好きだったかな、
マーブルチョコのピーナツの味が濃くなかったかな、
と、
どきどきしながら反応を待っていた。

ところが、
彼は何も言ってこない。
当時はSMSで毎日の様に連絡を取り合っていたので、
なんとも物足りない。
ついに、聞いてしまう。

「で、どっちが好きだった?」

「ん?何?
あ?チョコ?君のチョコは美味しかったよ。」

「そうじゃないのよ。だから、どちらが?トリュフ?マーブルチョコ?」

「チョコはチョコだよ。おいしかったよ。」

なんだか埒が明かない。

しつこく、問いただしてみる。

迂闊なことに彼の住む国は熱帯で、2月といえども常夏。
彼が受け取った時、
蓋を開けてみると、
すべて溶け合って、
完璧なチョコの塊と化していたとか!

「君のチョコは最高だったよ。」

ああ、せめての救いは、
缶に入れていたことか。

高校の時に送ったハートのチョコレートが
ぐにゃりと溶け、オシャレな紙の箱に染み入り、
小箱を包んだ茶色の包装紙にも染み出し、
住所が見えなくなり、、、
そんな映像が一瞬頭を過ぎる。

南国の彼には
やはりマンゴソーベか。

となると、
現地で作らねば。

会いたい。

今年は、
そうメッセージを送ろうか。
(最近の彼関連の記事:Life is busy and going on and on


にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援いただけると嬉しいです
皆様からのコメント楽しみにしております。

2 件のコメント:

あかうな さんのコメント...

うはははは。つづきをぜひぜひ。。。楽しみにしていますよ~。

kookaburra さんのコメント...

あかうなさん!

ハッピーバレンタインです♪♪♪