2012年8月3日金曜日

ある夏の日のたわいない話





「明日、ランチでもどう?」

「う~ん。そうだね。
うん、大丈夫だよ。」

ちょっと前に、明日の忙しさは、蓋を開けて見ないと分からないとしていた。
だから、慌てて付け加える。

「あ、でも、ランチをしたからって、夕方会えないより、
夕方、ちょっとでも顔を見たほうが嬉しいかなぁ。
どんな感じ?」

「ランチか、夕方の逢瀬か。
どちらがいいの?」

気取らずに好きなものを一緒に食べながら、
あらゆる話題を取り上げて、
好き勝手に斬り合い、
お互いの反応を楽しみ、思いを共有する時間。

或いは、

会った途端に次はいつ会えるかと心逸り、
相手の面影をせめても心に刻もうと必死になり、
あらゆる反応をも見逃すまい、
と神経張り詰める夕方の一時。

でも、これは私にとっての解釈。
相手がそう思っているとは限らない。
それこそ、どういった時間を共有したいのだろう。

質問をブーメラン。

「そうだな。
ランチをしようよ。
大丈夫。今日、これから夜、取り掛かるし、明日も早目に開始する予定にしている。」

それから、重ねるように言葉が続く。

「早く終われば、夕方も会えるよ。」

雲の隙間から太陽の光が幾筋も大地に流れ込み
固く閉じられていた蕾が一斉にビロードの花びらを放ち
蜜蜂の羽音が賑々しく、
蝶が飛び交う。







にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援してくださると嬉しいです
皆様からのコメント楽しみにしています

2 件のコメント:

あかうな さんのコメント...

くっかばらさん 今頃おいしいランチでしょうか・・・。 呼吸を忘れるほどの瞬間。聴覚も失っているんですよね。私は家の冷蔵庫にある卵でふわふわシフォンケーキを作ってみました。ふわんふわんで、明日の朝もお昼も、午後のティーも楽しめそうです。え?やっぱり話がずれているって?そうですねえ。時差がありますもんねえ。素敵な午後を!!

kookaburra さんのコメント...

ふにゃら。あかうなさん。。。

ふにゃら、ふにゃら。。。

ふにゃららららぁ。

やっぱり、思いはひたすら心に留めておくほうがいいのかしらです。はい。みゃあ。