2013年3月3日日曜日

春来にけり




雪が白く降り積もった日、
庭を見やると鮮やかな色が目に飛び込む。
小鳥達が啄むだろうと誰かが思って投げたのだろうか。
皮を剥いた半分の蜜柑。

バッタ達に聞いても、
名乗りを挙げるものはいない。

忘れた頃に目をやると、
丁度、石の上に転がっており、
まだ色は鮮やかで、鳥の喉を潤した形跡はない。

土の上ではないと、バクテリアによる分解が始まりにくいのではないか。
そんな思いを読んだように、タイミング良く長女バッタが口を出す。

「ママ、あの蜜柑、そのままにしておいてね。
今、観察中なんだから。」

近くで見ても、ちっとも乾燥した様子が無く、
ふっくらと柔らかな実は、
口に入れると甘酸っぱい汁が飛び出してきそう。

そして、今日。
外の空気は冷たく、
骨の髄まで凍り付いてしまいそうな日。

それでも、空に遮るものは無く、太陽のみが輝いている。

庭に駆け出すと、
蜜柑の形跡がなくなっている。

そして、
そこには、真っ白な花。

見上げると、
庭は一面に花の絨毯。

春来にけり。。。




にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメントも楽しみにしています。


0 件のコメント: