2013年11月7日木曜日

雨の訪れ



なめらかな小川のせせらぎの音が、
ひそやかに暗闇に忍び寄る。

びゅんびゅんと勢いついた風が昼間から唸っており
季節にしては未だたっぷりと枝に緑の葉を残していた木々も
すっかりと細くなり、
今宵は、いつもの葉を叩く音ではなく、
枝を濡らす音となって、耳に届くのであろう。

アスファルトが街路灯のオレンジの光に
きらめいている様が
暖かな毛布にくるまっているベッドから
見えるよう。

なんだか今夜の雨は
あまりに密やかで、
甘く透明な香りを含んでいる。

ちょうど、
ふてくされた私の頬に、
そっと置かれた手のように。





にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています





0 件のコメント: