2013年11月29日金曜日

星屑のイルミネーション



ふいにドアが開いて、夕方を伴って助手席に滑り込んでくる。
簡単な挨拶が思わず長引く。

「混んでいるから。。。」
ラッシュアワーのことを指しているのか、通りの人混みのことを指しているのか。
車を発進させ、流れに乗る。

何週間ぶりだろう。あれも、これもと話題が飛び出て、遂に核心の懸念事項に達する。

思わず興奮し、立て板に水の如く早口の大声で自分の見解を主張し、今の状況の異様さを訴える。ところどころで、「うん、分かってるよ。ちょっと待って。」と止められ、別の視点からの解説を受ける。がんがんと話をしているうちに、落ち着きを取り戻し、解決法が見つかり始めたことに気が付く。

思い詰めていた怒りや興奮がすっかりと心から締め出され、代わりに充実と満足感で満たされる。

どこをどう走ったのかも分からず夢中だった瞳は、慌てて現在の場所を把握し、漸く助手席の横顔と運転に集中し、右手はシフトレバーから離れ、ぬくもりを求める。

街路灯には星屑のイルミネーション。







にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています



0 件のコメント: