2016年8月6日土曜日

朝の散歩









この親にしてこの子あり、
とでも言おうか。
悪い意味でも良い意味でも。


早起きをして、朝日が昇るところを見たい。
誰も踏んでいない朝露に輝く草原を踏みしめたい。
冷たい新鮮な朝の空気を胸一杯に吸い込みたい。
そして、何より、発見をしたい。


約束したわけでもないのに、母が来ると朝の散歩をする。
膝の調子が良くないのよ、と言いながらも、健脚。
それでも、何でもないアップの後、息が切れていた様子にどきりとする。


道端に蕨を発見してからは、毎朝蕨摘みをしながらの散歩。


一時間の散歩から帰ってくると、摘んだ野花を活け、あっという間に蕨を茹でてしまう。
お醤油をかけて頂くと、緑の香りが口いっぱいに広がる。
ちょっとした苦味がまたなんとも言えない。
母の手に掛かるから美味しいのか、新鮮だから美味しいのか、山菜の味が分かる大人になったのか。


母がマチュピチュに行こうと言い始めてから、もう何年になるだろう。
標高も高いし、かなり歩くらしい。


本気で計画を立てよう。
この秋にはアンコールワットに行くらしい。それでは、来年はマチュピチュにしようか。


緑の風がやわらかに葉をゆらしていく。






にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています





0 件のコメント: