2012年7月11日水曜日

夏の夜のブーケがもたらした仄かなる一瞬



灼熱、涼風、情熱、一夏をまるごと抱えたような向日葵のブーケ。

環の周りにつけた黄色い花びらが爽快に笑い合う向日葵たちに、
小さな真珠の粒のような花房の列が空に向かって優雅さを添え、
薄紫の可憐な小花たちが優しさを、
細い緑の線が絡み合う葉が柔らかさを与えている。

早朝の爽やかさと、真昼の太陽の輝き、夕暮れの落ち着き、すべてを備えた両手にもあまるブーケ。

そんな花束を片手に軽々と持ち、庭の小道を通ってやってきた彼と、頬を寄せての挨拶。
グリーンの香りが舞う。

饗宴がお開きになった帰り際、
熱き頬を寄せての思いがけないしっかりとした抱擁。

あれは、夏の夜がもたらした一瞬なのか。

その一瞬だけが切り取られ、何度も何度も脳裏に甦っていることを、彼は知っているのか、知らないのか。

出来ることなら、
そう、出来ることなら、
両腕を彼の首に回し、
体中の全ての細胞で、彼の熱き抱擁を受け止めたかった。
そうして、
熱き頬を触れ合わせ、
その熱き唇に、そっと、
いや、乱暴に強く接吻し、
彼を感じたかった。

過去と現在と未来が入り乱れ、
私の中では
彼が両手で私の顔を掬い取り、
熱いキスの雨を落としている。

夏の夜のブーケがもたらした仄かなる一瞬。
それ以上でも、それ以下でもない。


にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援してくださると嬉しいです
皆様からのコメント楽しみにしています

0 件のコメント: