2016年2月15日月曜日

思考











「君のことを考えていた」

一行だけのメッセージ。
しかも、過去形。

どう読むかは、読み手の自由という、彼らしいスタイル。
身勝手と言えばそうだけど、魅惑的と言えばそう、なんて思ったら、既に彼の罠にはまっている。

パリに来て、去る時に、ふとメールを送ってきたのかもしれない。
或いは、まさかとは思うが、バレンタインを前に、どうしているかなと思ってメールを送ってきたのかもしれない。

朝、珈琲を淹れる時、市内に車を飛ばす時、海からの潮風を受けた時、太陽の日差しを頬に感じた時。

色んなシチュエーションを考えてしまう。
分かっていながら、楽しく罠に嵌まる。

そう。
朝、珈琲を淹れる時、市内に車を飛ばす時、山からの突風を受けた時、太陽の日差しを頬に感じた時。
いや、いつだって彼のことを思っているような錯覚に陥る。

さて、ここはどう斬り返そうか。


。。。。。。

メニュー

ブロンドレフの生
オリエンタル風オリーブのタプナード
茄子のキャビア
マテガイのガーリック味ワイン蒸し

ヴーヴクリコ
サーモンクネルにベシャメルソース

ソテーヌ
マンゴシャーベット

マスカルポーネのガトーオショコラ
カフェ

。。。。。。

思考


。。。。。

ちょっと飛躍し過ぎてしまったか。
送信してから、思う。

まあ、こちらの思考リズムに乗ってもらえなかったら、仕方なし。
あるかないかの返事待ちとしようか。

そう思いつつも、これで何度目かのメールチェック。



外の風は雪が降るような香りをまとっている。
冷気をすっと胸一杯に吸い込む。









にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています






0 件のコメント: