2016年2月24日水曜日

いざよい





夜の公園でひそやかに木蓮が蕾を膨らませている。
つんつん尖った膨らみが天上を仰いでいて小気味よい。
今年の冬は雪がちらっと舞っただけ。
本格的な冬来ずして、春になるのか。

そんなに急がないで。
急いで春が来ても、
梅の香りがふくよかに漂ってきでも、
桜の花が真っ白な花びらを惜しげもなく散らしても、
それを迎える余裕がない。

我が家のペンキは剥がれているし、
雑草は好きなだけだらしなく伸びていて、
葵や月桂樹の細い枝があちこちから見えている。

きゅっとした水仙の葉、
膨らみあるヒアシンスの葉、
やわらかなチューリップの葉が
葵や月桂樹の細い枝の隙間から覗いている。

手入れをしてあげないと。

その焦る思いが煩わしい。

まったく準備もできていない、お粗末な我が家にも春はもうそこまできてしまっている。

空を仰げば、十六夜の月。







にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています





0 件のコメント: