2011年12月8日木曜日

音のない世界

 

一晩中冷やされた空気が未だ動かずに固まっている、
人通りもまばらな、ほの暗い朝のパリを急ぐ。

予定よりも随分早いが、
住所を確認し建物に入ると、
ふくよかな深緑の香りに迎えられる。

近代的な建物の入り口は3階分程の吹き抜けで、
巨大な闇の空間にひっそりとモミの木がそびえている。
赤、青、黄、金、銀、様々な色のオーナメントボールがたわわに飾られ、
その周りを抑えた光が星のように瞬いている。

ふと目をやると、
ガラス張りのホールの向こう側に、
その有様がくっきりと映し出されている。

間近で仰いだ印象と、
ガラスに反映した様子を眺めた印象が、
全く異なることを
ゆっくりと時間をかけて味わう。

音のない世界。

北欧の森林の空気を胸いっぱいに吸い込みながら、
ひそやかに瞬き、
しのびやかに聳えるモミの木をガラス向こうに眺め、
その下にひっそりと佇む人影に一瞬戸惑い、
我が身であることに気がつき、
忍び笑い。


にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村   クリックして応援して頂けますと嬉しいです。

皆様からのコメント楽しみにしています。

0 件のコメント: