2011年12月29日木曜日

龍山寺



台北から地下鉄の駅を乗り継ぎ二つ目。
ビル街の喧騒の中に突如現れる絢爛豪華な門。

朝早い時間なのに、既に線香の煙と香りが充満し、
数珠を持って唱えながらも、おしゃべりに余念がないお年寄りが、あちこちに佇んでいる。

長い舌を出した神様や観音様、孔子など、道教や儒教など様々な宗教の神々が祀られている。

その主なる神々の前に佇まいを直し、祈願。
それぞれの香炉に、長いお線香を投げ込む仕組みとなっている。

順々に巡りながら、家族の健康、幸せを祈願し、
日本の母や兄一家の幸福と繁栄を祈願し、
台湾の妹一家の幸せを祈願。

それぞれの顔を思い浮かべ、そうして、お線香を香炉に投げ込む。

残るお線香が二つになった時、
恋愛の神様に出会う。

ふむ。
この時だけは、我が身のみを考える。

そして最後の一つは、ご本尊の観世音菩薩様。

その前に進み出たとき、かっと天空の龍が一際色鮮やかに目に入る。
この様々な神々の下で生活を営む妹を思う。

妹一家が台湾にて平和で幸せでありますように。

長いお線香を香炉に勢い良く投げ入れる。



にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援して下さると嬉しいです。
皆様からのコメント楽しみにしています。

4 件のコメント:

あかうな さんのコメント...

新年明けましておめでとうございます。クッカバラさん、ご無沙汰しています。
素敵なお姉さんをお持ちで妹さん一家は幸せですね。
ところで、お線香は本当に投げ入れるのですか???おもしろいですね~~~。

miki さんのコメント...

あけましておめでとうございます。
妹さん家族台湾で住んでいるのですね。台湾では色んな神様がいるのですか?

kookaburra さんのコメント...

あかうなさん

あけましておめでとうございます。
いつも心温まるコメントありがとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。
鋭いご指摘ですが、お線香、投げ入れないと恐いぐらい、大きな香炉は沢山のお線香が燃えていて熱々なのです。威勢良く、ほいっと投げ入れると中心に上手く刺さってくれて、なんだかご利益もしっかりあるような気になってしまったのですが如何に。。。

kookaburra さんのコメント...

mikiさん

新年おめでとうございます。彼の地で賑やかに楽しく大勢のご家族とともに新しい年をお迎えになったことと思います。
そうなのです。台湾には沢山の神様がいらっしゃるのですよ。日本の八百万以上。そうして、皆さん、とっても信心深いと思われます。
アジアの西にいらっしゃるmikiさん一家にとりまして幸せに満ち満ちた年となりますように。