2011年10月20日木曜日

偶然の中の必然


砂浜で拾った昆布の様に濡れた髪で
そこにあったウインドブレーカーを羽織り
突っ掛けを履いて
夜を引きずる外に出る

通りには人影もなく
街灯が路上駐車している車を浮き上がらせていて
結露しているのか、窓が細やかにオレンジ色の光を反射している

間に合ったのだろうか
数台ものトラックが賑やかに走り去った様な騒音は空耳だったのか

通りに出てお隣を覗く
厳密には、通りに出ているお隣のゴミ箱の様子を見る
取っ手が玄関を向いている

時、既に遅し。ゴミ収集車は既に去っていってしまった後

木曜の朝は··プラスチックの廃棄物収集の日

すごすごと我が家のゴミ箱を引きずって戻る

と、頭上には満天の星空
そして、真っ白な月のカケラが笑っている

6時。偶然の中の必然。。。


にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村  クリックして応援して頂けますと嬉しいです。

皆様のコメント心よりお待ちしております

2 件のコメント:

あかうな さんのコメント...

あれ、ごみは夜のうちに出しておけないんでしょうかねぇ。私のうちのほうでは、ごみ収集車が通る時にみんなに分かるように大きな音楽をかけるんですよ。『エリーゼのために』え!?ですよね。子供が小さいうちはお昼寝している時に通られると、起きちゃうので、まったく困ったものだと思っていたのですが、これだと絶対間違いないです。でも、閑静な住宅街で明け方6時の『エリーゼ』は、まずいでしょうね。そちらだったら『ドビュッシーの月の光』かな。。。

kookaburra さんのコメント...

こんにちは。

あかうなさん、スゴイ情報、ありがとうございます。そうなると、あかうなさんのお子さんたちは、大きくなってデートかなんかで行った喫茶店(なんか古い言葉ですね)で、エリーゼのためにがBGMで流れていたら、落ち着かずに、ちょっと、とつい席を立っちゃうのかもしれませんね。気がついたら、ゴミ袋持って。

あ、冗談です。大丈夫ですよ。

私は小学の頃の全校一斉清掃のお知らせがユーモレスクでした(あ、下校時間のお知らせだったかな?)大人になってユーモレスクを弾くことがありましたが、実際にはエルマンの演奏が頭にありましたもの。

鋭いご指摘です。夜のうちにゴミは出せます。次回はそうします。。。