2011年10月23日日曜日

夕闇の一っ走り


夜の7時半ともなれば、もう夕闇迫り、ライトなしでは走行は危険。冬時間への移行ももうすぐ。

そんな暗闇に自転車で外に出る息子バッタ。

馬鹿息子。

いや、自転車で出かけることが馬鹿なのではなく、そんな状態に自分を追い込むことが馬鹿なのである。

夕方になって、みんなで車に乗って家に向かっている時に、息子バッタが、末娘バッタのお友達の大切なペンを失くしてしまっていたことが発覚。いや、正確に言えば、バッタ達は今朝から分かっていた話で、母親の知るところとなったタイミングが夕刻であったということ。

息子バッタは丁寧に探しもせずに、お友達を帰してしまっていた。ちゃんと謝りもせずに。

なんたること。

そのペンも、ただのペンではなく、DS用タッチペン。

末娘バッタも怒られ、長女バッタもとばっちりをくう。いや、そうではあるまい。彼女達だって同じ穴の狢。友人から借りたものを失くして、そのままにしてしまうセンス。一体これは何なのか。

事の重大さに漸く気が付き、我が家に着いた途端、バッタ達は大騒ぎで、それこそバッタの様に飛び回って探し始める。

そうして、私が洗濯物を干している間にも、そのペンは発見される。どうやら、ベッドのマットレスの隙間に落ちていたらしい。

今日中にお返ししなさい。

厳命に従い、息子バッタが自転車で外に出る。末娘バッタが玄関のライトをつけ、長女バッタが気遣って玄関から離れずに見送っている。

歩けば40分程度の距離。もう、11歳。これぐらいはできるだろう。男の子なのだし。

暫くすると、ケータイが震える。先方のお母様から。非常に恐縮しきっている。

とんでもない!本当に躾がちゃんとされておらず、本当に恥ずかしいです。大切なものをお借りしていながら、失くしちゃって、それをそのままにしていたなんて、申し訳ないです!

そうして、完熟トマトの顔をして息子バッタが到着。

汗びっしょり。エビアンのボトルを勢い良く飲み干す。気分は爽快であろう。

さあ、ちょっと遅くなったけど、夕ご飯にしよう。お疲れさん。

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村  クリックして応援して頂けますと嬉しいです。

皆様からのコメント心よりお待ちしています。

4 件のコメント:

あかうな さんのコメント...

たくましいバッタ君ですね。お母様の教育もさすがです。妹バッタちゃんのお友達がお兄ちゃんバッタ君に胸きゅんしたかもしれませんね。。。

kookaburra さんのコメント...

あかうな様

お優しい言葉を。。。私は昨日は怒り心頭、如何にスピード違反にならない程度に自分を抑えるか、更に、走行中の車を途中で止めてバッタを外に放り出さずに済ませるかの闘いでした。日々是研鑽。まだまだ人間として未熟です。。。

あかうな さんのコメント...

そうでしたか。皆様ご無事で何よりでした。
今日、たまたま娘の友達のお母様に、最近、子供には手を挙げずに自分が泣くことにしたら、息子は理解したようだ、と聞いたばかりです。どのお家でもお子様とお母様とはいろいろなかかわり方を模索しているのですね。ありがとうございました。

kookaburra さんのコメント...

あかうなさん

母親が子供の前で泣く?

そんなジョーカー滅多に出してはいけない、と思いますが。

でも仰る通りで、皆さんそれぞれに苦労なさってのことなのでしょうね。

色々考えさせられます。