2017年8月27日日曜日

サボテンの実






人生は選択の連続。
無意識のうちに、多くの選択肢の中から、色んな理由にせよ兎に角選んで生きている。

勿論、時にはしっかりと自覚し、悩みに悩んで、最後は清水の舞台から飛び降りる思いで選ぶ時もある。それでも、長い人生振り返れば、あの時はああする運命だったのだろうと納得したりもする。

逆に、あの時こうしていたらな、と今でも思うこともある。

それが人生。

人生論などを展開するつもりは全くなかったが、今、こうして書いていることも、何かに突き動かされてなのだろうから、人間とは面白い。実際のところ、きっかけは単純。今回の旅で何千枚も写真を撮影しており、毎回どの写真にしようかと選ぶ作業に時間を掛けてしまっている。楽しい作業といえば楽しいが、一つしか選ばなければならないとなると話は違ってくる。

そもそもデジタル化が自称カメラマンの精神を怠けさせてしまっている。以前は重いカメラを大切に抱え、貴重なフィルムの枚数を確認しつつ、ワンショット撮影するにも、多くのことを一緒んに考えて、所謂シャッターチャンスを狙ったものだ。

ところが、今ではスマホで簡単に撮影できてしまい、悔しいことにそのクオリティたるや、変な一眼レフで自己流にセットしたショットよりも良いことが多い。それに気が付いてから、カメラを持たなくなってしまい、数打ちゃ当たる的にワンシーンに数枚撮影してしまう。撮影なんて大袈裟な言葉は当て嵌まらないかもしれない。




そうして幾つものショットの中から、選ぶ作業が待っている。




どうだろう。今回の被写体が素晴らしいことも一因か。









スマホの小さな画面では味わえない迫力を今度はPCの画面で試してみる。そうして、自己満足の世界は続くわけだが、いやはや。

今回はサボテンの実にスポットを当てたかったのだが、どうもテーマに辿り着かないので、かなり強引に写真を出して紹介。




標高4000メートルのコルカ渓谷の道沿いにある景観スポット。そこで民芸品を販売しているスタンドが一つ。その傍らで女性がフルーツを提供していた。食べてみて良し、ドリンクにして良し、シャーベットにして良し。



キーウィみたいな黄緑色に黒いプチプチの種があるが、驚くなかれ。サボテンの実。





酸っぱくて爽やか。太陽の香りがした。





ペルー紀行
 第一話  インカの末裔
 第二話  マチュピチュを目指して
 第三話  真っ暗闇の車窓    
 第四話  静かな声の男
 第五話  さあ、いざ行かん
 第六話  空中の楼閣を天空から俯瞰
 第七話  再び、静かな声の男登場
 第八話  インポッシブルミッション
 第九話  星降る夜
 第十話  インカの帝都
 第十一話 パチャママに感謝して
 第十二話 標高3400mでのピスコサワー
 第十三話 アンデスのシスティーナ礼拝堂
 第十四話 クスコ教員ストライキ
 第十五話 高く聳えるビラコチャ神殿
 第十六話 標高4335mで出会った笑顔
 第十七話 プカラのメルカド
 第十八話 標高3850メートルの湖上の民
 第十九話 ゆく河の流れは絶えずして
 第二十話 コカの葉を噛みながら
 第二十一話  4000メートルの谷を覗き込む



にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

↑ クリックして応援していただけると嬉しいです
皆さんからのコメント楽しみにしています


0 件のコメント: